起こってからでは手遅れ!地震対策を再確認しよう

a1260_000021_m

先週末の鳥取地震、本当にビックリしました。

まずは、鳥取地震の震災地域にお住まいの皆様へ、心からお見舞い申し上げます。

被害があまり大きくならず良かったです。

日本という国は、本当に地震が多い国です。

たいてい年に数回は、どこかで大きな地震が発生しています。

下記の表は、過去5年間の震度5以上の地震をまとめたものですが、北海道から九州まで、いろんな地域で地震が発生しています。

<過去5年間の震度5以上の地震>

震源地 最大震度
(2012年)
3月14日 千葉県東方沖 千葉県 5強
12月7日 三陸沖 青森県 5弱
(2013年)
2月2日 十勝地方南部 北海道 5強
4月13日 淡路島付近 兵庫県 6弱
4月17日 三宅島近海 (三宅島)5強
(2014年)
11月22日 長野県北部 長野県 6弱
(2015年)
5月30日 小笠原西方沖 (小笠原)5強
(2016年)
4月14日

~ 4月16日

熊本県 熊本県 7弱
6月16日 内浦湾 北海道 6弱
10月21日 鳥取県中部 鳥取県 6弱

日本は地震が多い国だとわかっていても、自分の住む地域には、そうそう起きないだろうと何となく思っていて、本気で地震対策をしていない方も多いのではないでしょうか。

ある民間機関が地震対策について調査したところ、地震対策を十分に行っていると回答したのは、全体の2割程度だったそうです。

そういう管理人も、30年以内に大地震が70%の確率で起こるといわれている東京に住んでいながら、地震対策といえば懐中電灯を準備しているくらいでしたので、今回、見直すことにしました。

地震対策 再確認しよう

a0002_004785_m

総務省の消防庁が防災マニュアル・震災対策啓発資料というものを公表しております。

防災マニュアル・震災対策啓発資料

資料には、地震にあった時の対応や、地震がおきる前に準備すること、防災ツールなどが詳しくまとめられています。

管理人は、この資料を読むのは初めてだったのですが、けっこう詳しくて、読みやすくまとめられています。一度は読んでおくことをお勧めします。

資料の防災お役立ちツールというページに、非常持ち出し品チェックシート、備蓄品チェックシート、常時携帯品チェックシートなるものがあり、日頃から準備しておくものが記載されています。

本当はチェックシートにあるものすべてを準備すべきなのでしょうが、住居形態や家族構成、年齢などによって、最低限準備するものはそれぞれ異なると思いますので、チェックシートを見て、自分に合うものを準備するのがいいのではないかと思います。

管理人の場合、チェックシートから準備したほうがいいと思ったものは以下でした。

<地震の際にすぐ持ち出せるように準備>

非常持ち出し品チェックシートより選択

・預金通帳、印鑑

・保険証、免許証

・懐中電灯

・携帯ラジオ

・電池

・救急箱

・保存食(3日分)

・下着、靴下

・防寒用ジャケット、雨具

<地震に備えて備蓄しておくもの>

備蓄品チェックシートより選択

・カップラーメン(3日分)

・水(3日分)

・テッシュペーパー

・紙皿、紙コップ、割りばし

・工具セット

・長靴

<常時携帯するもの>

常時携帯品チェックシートより選択

・携帯ラジオ(スマホで代用)

さっそく来週にでも一式揃えて、家の中に専用の場所を決めて、保管しようと思います。

あと、緊急避難場所も確認しておこうか・・・

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ