週間相場状況(2017/10/15)高値警戒のなか上値追いも。週後半は選挙相場収束売りに注意

今週の振り返り

<日経平均 週足>

今週の日経平均は、21,155.18円(前週比+464.47 +2.2と大幅に上昇しました。

衆議院選挙で与党優勢が確定的となり、アメリカを始めとする海外市場も堅調に推移したことで、10月11日に2015年6月のアベノミクス高値(20,868円)をクリアすると、その後は高揚感に支配され上げ幅が加速する流れとなりました。

ただ、最近の急上昇の影響で、相場全体が持ち上がる流れとはなっておらず、日経平均に連動する個別株や、短期資金が集中する材料株が大きく上昇する一方で、売られる銘柄も目立ち、上場銘柄の騰落数でみた場合は必ずしも安心できる相場状況ではないと考えられます。

10月13日(金)の状況を振り返ると、日経平均が200円を超す上昇となるなか、東証1部以外の市場では下落銘柄数が上昇銘柄数を上回っており、日本株式市場への新規資金流入が加速しているというよりは、先物主導で指数が上昇したため、他銘柄を売って225銘柄を買うという流れが発生したと考えるのが妥当だと考えます。

<10月13日 市場別 騰落銘柄数>

上昇 下落 変わらず
1部 1,206 723 101
2部 217 248 49
JASDAQ 265 374 61
マザーズ 78 149 15
合計 1,766 1,494 226

(10/13)日経平均EPS、日経平均PER

日経平均EPS 1,432.31円

日経平均PER 14.77倍

東証1部の空売り比率推移

(10/13) 39.9%

(10/12) 37.3%

(10/11) 35.2%

(10/10) 38.9%

(10/6) 36.6%

東証1部の騰落レシオ(25日)

(10/13) 137.90

(10/12) 137.54

(10/11) 126.68

(10/10) 118.88

(10/6) 117.22

<JASDAQ平均 週足>

<マザーズ指数 週足>

今週の新興市場は、JASDAQ平均は続伸、マザーズ指数は横ばいで推移しました。

JASDAQ平均は年初来高値の更新を続ける動きが続ていますが、マザーズ指数はもみ合いの展開が続いています。

<ドル円 週足>

ドル円は、111.09円(前週比-0.75円 -0.7%)と下落しました。

アメリカの長期金利が下落に転じたことが、ドル円の上昇を抑える展開となりました。

<米国国債10年金利 週足>

米国国債10年金利は、2.275%と下落しました。

あいかわらず12月利上げ確率は高位で推移していますが、北朝鮮情勢の緊迫化などで上昇一服となったようです。

<NYダウ 週足>

<NASDAQ 週足>

アメリカの株式市場は、今週もNYダウ、NASDAQともに史上最高値を更新する流れとなりました。

依然として高値警戒感が燻るなか、世界の投資資金がアメリカの株式市場に向かう流れが続いています。



来週の予想

来週の日経平均は、上昇確率40%、下落確率60%程度と予想しています。

最近の急騰で高値警戒感が蔓延するなか、アメリカ市場の状況が堅調なことから、このまま上値追いとなる可能性もありそうですが、衆議院選挙の投票日が10月22日に迫っているため、週後半は選挙相場を見込んで流入した資金が抜けて、相場調整となる可能性のほうが高いと考えます。

現在の日経平均は先物主導で引き上げられる流れが続いており、日本の株式市場全体に資金が流入する流れとはなっていません。

過去の経験から、このような局面での今後の展開は下記の2通りのどちらかとなります。

パターン1

日経平均が水準訂正的にこのまま上昇基調で推移し、その後、出遅れていた他銘柄の後追い上昇が始まる。

パターン2

先物主導で仕掛け的に急騰した日経平均が急落して、辻褄を合わせる。

今回、上記のどちらになるかは不明ですが、少なくとも選挙相場は来週で終了となるため、強気一辺倒で考えるのは危険だと思います。

パターン1のケースとなるには、今月後半からはじまる企業決算が想定を上回り、日経平均EPSが上昇基調となることが必須条件となりそうです。

管理人の投資スタンスとしては、先週と同様に保有株は増やさず、万が一の相場調整があった場合でも中期的に上昇が見込めるものに絞り、一方で材料株などの短期的な売買で値幅を取ってゆくというスタンスを継続するつもりです。

新興市場

来週の新興市場は、上昇確率50%、下落確率50%程度と予想しています。

JASDAQ平均は、日経平均しだいとなりそうです。

マザーズ指数に関しては出遅れ感が強く、年末にかけて戻り歩調となる可能性が高そうですが、現在の物色動向から考えて、来週、マザーズ全体に資金が入る展開は望めない気がします。

マザーズ指数が急騰するには日経平均の高値膠着が条件となると考えています。

━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━
業界最高水準の会員制株式情報サービス!!


更新の励みになるのでクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ