週間相場状況(2017/11/5)もうはまだなり。まだはもうなり。

今週の振り返り

<日経平均 週足>

今週の日経平均は、22,539.12円(前週比+530.67 +2.4%と大幅に上昇しました。

世界的なリスクオン相場を背景に、第4次安倍政権への期待と好調な企業決算が重なり、大きく続伸した週となりました。

相変わらず、海外の機関投資家の買い越しが続いており異次元の上昇相場となっています。

9月15日から8週連続での上昇となり、この間の上昇幅は3,200円を超えています。

昨年のトランプ相場を振り返ると、大統領選当日の急落の下値16,111円から年末の高値19,592円までの上昇幅が3,481円ですから、この2か月間の上昇は昨年のトランプ相場に匹敵する上昇となっています。

(11/2)日経平均EPS、日経平均PER

日経平均EPS 1,475.07円

日経平均PER 15.28倍

東証1部の空売り比率推移

(11/2) 38.1%

(11/1) 38.0%

(10/31) 39.8%

(10/30) 44.0%

(10/27) 39.0%

東証1部の騰落レシオ(25日)

(11/2) 125.11

(11/1) 125.77

(10/31) 125.33

(10/30) 130.07

(10/27) 125.49

<JASDAQ平均 週足>

<マザーズ指数 週足>

今週の新興市場は、JASDAQ平均、マザーズ指数ともに上昇しました。

出遅れ気味だったマザーズ市場へも、良い流れが波及しています。

<ドル円 週足>

ドル円は、113.85円(前週比+0.16 +0.1%)とほぼ横ばいとなりました。

週末の雇用統計はやや弱めの内容となり、発表直後には円高に振れる場面がありましたが、その後持ち直しています。

ただ、アメリカの長期金利が低下傾向を示していますので、現在の水準から大きく円安に振れる展開は考えにくいように思います。

<米国国債10年金利 週足>

米国国債10年金利は2.332%まで下落しました。

9月中旬からの急上昇や、アメリカの12月利上げが織り込まれたことなどによる調整と考えられます。

<NYダウ 週足>

<NASDAQ 週足>

アメリカの株式市場は、今週もNYダウ、NASDAQともに史上最高値を更新する流れとなりました。

高値警戒感が燻るなか、上値追いの展開が続いております。



来週の予想

来週の日経平均は、上昇確率60%、下落確率40%程度と予想しています。

異次元の上昇相場が続いていますが、流れが変わるまでは素直に上昇にベットすべきだと思います。

有名な相場格言に「もうはまだなり。まだはもうなり。」がありますが、まさに今の相場はこの格言で考えるしかないように思います。

ひとつ気になる点を上げるとすれば、ヘッジファンドの45日ルールでしょうか。

ヘッジファンドへ委託している顧客が解約を申し出る場合は、通常45日前までに申し出なければならず、年末までの解約の場合は11月中旬がこの期限になります。

過去には、11月中旬に向けて一旦株価が調整するケースがよくありました。

ただ、現在の相場は全員参加型の相場であると考えられ、この影響がどこまで出るのか見通すのは難しいと考えられます。

新興市場

来週の新興市場は、上昇確率60%、下落確率40%程度と予想しています。

最近は、日経平均の急上昇への警戒感から出遅れていたマザーズ市場にも資金が流入しているようで、この流れが来週も続きそうです。

日経平均の上昇が一服するようであれば、新興銘柄にチャンスが広がるように思えます。

また、最近、日経平均が急騰していますので、富裕層の金余りが拡大していると考えられます。

過去、このような場面では仕手的に急上昇する株が出現するのが慣例です。

新興株とは限りませんが、業績急拡大の思惑がからむ材料株が大きく上昇する可能性がありますので注目しています。

現在判明している材料からの候補は以下のとおりと考えています。

・ICO思惑 メタップス、インフォテリア、カイカ

・DQライバルズ トーセ

・LNGインフラ投資1兆円 宮入バルブ

━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━
業界最高水準の会員制株式情報サービス!!


更新の励みになるのでクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ