相場状況(2016/10/1)やや弱気

今週の振り返り

<日経平均 週足>

2016y10m01d_125009076

今週の日経平均は、16,449.84円(前週比 -304.18円 -1.8%)と下落しました。

9月の配当落ち分が115円程度ありますので、実質190円程度の下落となりました。

週間のボラは小さいですが、OPECやドイツ銀行問題などの海外要因により、毎日、上へ下へと大きめに振らされる展開でした。

<ドル円 週足>

2016y10m01d_125140762

ドル円相場は、100.86円(前週比-0.16円 -0.2%)と週ベースではほとんど動いていません。日銀の新政策が不透明なことや、アメリカの12月の利上げがはっきりしないことなどで、気迷い状態にあります。

来週の予想

国内には新しいトレンドを生むようなイベントがないため、来週の日本株市場は、今週と同様に海外要因に振らされる展開となると考えています。

週末にアメリカ雇用統計を控えているため、ドル円相場の値動きも小幅に留まると見ています。

海外の投資家は、ここ数週間、日本株を売り越していますが、この流れは次週も続く可能性が高いと考えており、相場の方向性は若干弱含みと考えています。

個人的には、9月中旬までのIPO銘柄の巻き返しや、発売を10月13日に控えているプレステVR関連銘柄への早仕掛けなどに期待しています。

(6533)デジタルアイデンティティ

(3939)カナミックネットワーク

(3547)串カツ田中

(7658)ソニー

(9716)乃村工藝社

(3904)カヤック

また、地合いが悪いせいか、シンバイオなどの一部銘柄を除いて、ノーベル賞関連銘柄が思ったほど動いていません。受賞期待が高まるようであれば、急に動意づくことも考えられます。

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ