週間相場状況(2016/11/12)次週も大統領選乱高下後のご祝儀相場継続

今週の振り返り

<日経平均 週足>

2016y11m12d_112154374

今週の日経平均は、17,374.79円(前週比 +469.43円 +2.8%)と上昇しました。

11月9日にアメリカ大統領選にからむ900円以上の暴落、翌11月10日はリバウンドで1000円超の暴騰と、出入りの激しい乱高下相場となりました。

週足チャートでは、一旦暴落したことで長い下髭をつけながらも週ベースでは上昇するという強い形状を成しており、今後の上昇を匂わせる下落しにくいチャート形状となっております。

<米国国債30年金利 週足>

2016y11m12d_112352128

<ドル円 週足>

2016y11m12d_112528948

トランプが財政拡大策を匂わせたことで、アメリカの期待インフレ率が急上昇して米国長期国債金利の急騰につながりました。ドルが他主要通貨に対して急速に強含み、ドル円は106円50銭近辺までの急上昇となりました。

最新の調査では、12月利上げ確率は依然として80%以上を確保しており、現時点ではドルが強含む流れを止める材料は見つかりません。

来週の予想

来週の日本株式市場は、トランプ次期大統領のご祝儀相場が継続しそうです。

日本自体の材料に乏しいだけに、来週もアメリカ市場次第となりそうですが、アメリカ市場ではリスクオンの流れが続く可能性が高いと考えております。

大統領選中のトランプは、屈強な民主党勢力に対抗するために、過剰なネガティブキャンペーンを展開していたと考えられ、当選時に地まで落とされた悪者イメージが、今後はあく抜けで改善してゆく可能性を感じます。

中長期的な相場の方向性については懸念材料が山積みで不透明ですが、アメリカはハネムーン期間に入っており、トランプに対する批判報道などは規制されるため、少なくとも目先は現在の勢いが継続すると考えられます。

但し、物色されるセクタは偏ると考えられ、外需系セクタや金利に敏感な銀行、保険セクタなどの上昇が継続すると見ています。

一方、下落トレンドが続くマザーズ銘柄については、一部の好材料がある銘柄を除いては手出し無用であり、厳しい流れが継続しそうです。

更新の励みになるので投票お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

  1. ごんざれす より:

    ごんざれすです。こんにちは

    やっと一週間の仕事が終わり、土曜日になりました。天気がよく暖かくなってよかったです。寒いのは私も苦手で、布団から出るのが苦痛になる季節です(笑)

    さて、トランプ相場で100万を超える利益をだされたようで、とてもうらやましいです。
    素晴らしいテクニック、見識、先を読む力。。どうしたら身につくのでしょう?

    最近は会社都合の早期退職募集をしてくれないかと、心の中で祈る自分がいます。
    そんな状態で仕事していては会社員失格ですね。(笑)

    またのぞきにまいります。

    • whitegold より:

      ごんざれすさん

      こんばんは。キラクです。

      本当に急に寒くなりました。
      秋に旅行するつもりでしたが、寒くなってしまったし相場がこれから盛り上がりそうなので、年末年始の温泉旅行にきりかえようかと思っています。

      トランプ相場で儲けたのは、毎日相場を見られる環境にいたからだと思います。
      昨年までであれば、会社で暴落を知ったとしても状況がわからないので買えなかったと思います。

      ごんざれすさんも、今後、セミリタイアしたら、毎日相場を見る楽しみが出ますよ。
      その時まで、がんばって働いてください。