収支検証(2017年4月)

a0002_011007_m

2017年4月の収支を検証しました。

・中長期用口座 +138,339円

・短期用口座 +83,613円

・総計 +221,952円

中長期用口座の収支には、日経先物(ミニ)の損益を含みます。

日別収支
中長期用口座 短期用口座
4月3日 148613 137816
4月4日 -343343 -45138
4月5日 37196 -5192
4月6日 14818 -16863
4月7日 69149 27109
     
4月10日 58230 -106888
4月11日 -18624 -60501
4月12日 -90240 -32088
4月13日 4256 2756
4月14日 -68763 75579
     
4月17日 74876 -34675
4月18日 146687 -30223
4月19日 13856 19903
4月20日 14963 45979
4月21日 -85617 -20242
     
4月24日 -188631 96538
4月25日 176060 24241
4月26日 110768 46266
4月27日 110932 -15382
4月28日 -46847 -25382
     
138339 83613
総計 221952  

収支分析

4月は約22万円のプラスとなりました。

3月の収支検証の記事に書いたとおり、4月はボラの高い相場になると考えて月初から保有総量を減らして相場に臨んだものの、4月中旬には一時30万円近いマイナスとなりましたが、その後、相場が持ち直したことで、何とかトータルをプラスで終えることができました。

反省点は、北朝鮮リスクが和らぎ、相場が大きく戻った4月17日の週に投資額を増やせなかったことです。

4月17日からの数日間は、リバウンドのお祭り相場でほとんどの銘柄が大きく上昇しました。

4月は守りの相場と決めていましたが、明らかに相場が上昇する局面では、短期的に投資額を増量するなど柔軟な対処が必要でした。

個別銘柄の売買にもちぐはぐな点が多く、ほぼ底値で購入したシャープやVテクノロジーを、リバウンド前に売却してしまうなど、リスクを警戒しすぎて失敗したトレードも多い月でした。

次月に向けて

5月はドル円しだいの相場となりそうですが、上昇期待がある一方、SELL IN MAYのアノマリーのとおり、NYダウの下落を引き金に世界的な相場下落の展開となる可能性も警戒されます。

トランプのハネムーン期間が明けて、アメリカの株式市場がどう動くのかが予想できないのが最大の警戒ポイントです。

投資スタンスとしては、守りを優先しながらも今年度の業績予想などを見ながら材料株の短期スイング狙いを絡めて売買してゆく予定です。

まあ、いつもどおり、その時々で、柔軟に対処してゆくしかないのですが・・

5月の方針は以下のとおりです。

・守りのスタンス優先

・短期スイング中心

・投資資金量は相場動向により柔軟に増減

【5月の戦略】

投資スタンス 守り優先
リスク許容度 小~中
投資資金 小~中

更新の励みになるので投票お願いします。

(↓クリックで投票↓)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ