本日の収支(2016/9/5)

本日の収支(保有株は時価ベース)

中長期用口座 +46,035円

短期用口座  +98,504円

トータル +144,539円

本日の売買

(4587)ペプチドリームを購入(中長期用口座)

ペプチドリームは、6/9の高値7470円から9/1の4230円まで43%下落していましたが、そろそろ反発の動きを見せています。本日(2370)メディネットが、HSP105抗原ペプチドの米国での特許成立で大幅上昇しており、そろそろ同業のペプチドリームにも見直し買いが入りそうです。

短期用口座の主銘柄

(7618)PCデポが8.1%上昇。悪材料の出尽くしと地合いの好転から、空売りの買戻し主体で上昇。機関投資家の空売りは、まだ相当数あると考えられます。

(7779)サイバダインは2.4%続伸。リバウンドの動きが継続中。

(7269)スズキ、(9843)ニトリホールディングス、(5216)倉元、(4594)グリーンペプタイドなどは小動き。

マクロ状況

<日経平均>
2016y09m05d_184349786

本日、日経平均は17,037.63円(+111.95円)と上昇しました。先週末の米国雇用統計を受けて、最近のレンジを上抜ける動きです。午後に上げ幅を縮めましたが上昇基調に乗ったと考えています。

東証1部の売買代金が1兆7400億円と、まだ低調な状況です。例年、米国のレイ・バーディ明けから海外の機関投資家が市場に戻り、売買が活発になる傾向があるため、今週中盤から売買代金が増加してゆく動きとなるか注目しています。安定的に2兆円を超えるようでないと、まだ本物の上昇基調とは言えません。

海運セクターなど最近下げていた銘柄が上昇していることから、今はまだ空売りを買い戻す動きが主体です。

<マザーズ指数>
2016y09m05d_191354527

<ジャスダック平均>
2016y09m05d_191513006

新興市場は、ジャスダックは持ち直していますが、マザーズの戻りが鈍い状況です。春先までの(4565)そーせいのような指数を引っ張る銘柄がないことが原因です。そんな中、幕張メッセで9月15日から開催される東京ゲームショーを控えて(3912)モバイルファクトリー、(3758)アエリア、10月に発売開始となるソニーのプレステVR関連で(3904)カヤックなどの新興銘柄が大きく上昇しています。ゲーム関連銘柄、VR関連銘柄の物色は、まだしばらく続きそうです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ