本日の収支(2016/12/20)内需株に強い動き

本日の収支(保有株は時価ベース)

口座種別 収支
中長期用口座  -10,458円
短期用口座 +56,293円
合計 +45,835円

持ち株は上昇するものが多くプラス。

本日の売買

中長期用口座

(3689)イグニスを購入。

(2440)ぐるなび、(2379)ディップを追加購入。

イグニスは、子会社のパルスからのVRゲーム第0弾の発表が、間近に迫ったため購入。

直近、期待感から上昇していたことで、一部機関投資家の空売りや、第0弾の発表内容に懸念を持つ投資家の売りで、ここ数日下落していましたが、株価10000円を割れたため購入しました。売り圧力がまだ強く明日も下げる可能性がありますが、第0弾の発表で大きく切り返すと見ています。第0弾の発表は遅くて12月27日、あの秋元康が企画段階で外すとは到底思えません。

ぐるなび、ディップは、内需株に出直りの兆候があるため追加購入しました。

短期用口座

(8732)マネーパートナーズを購入。

マネーパートナーズは、FX会社の株としては出遅れぎみであること、ビットコインが最近また話題となってきていることで購入しました。

主な保有銘柄

中長期用口座

(3649)ファインデックス、(2379)ディップ、(8572)アコム、(2440)ぐるなび、(3689)イグニス

短期用口座

(9684)スクウェアエニックス、(8462)フューチャーベンチャーキャピタル、(8732)マネーパートナーズ



マクロ状況

<日経平均 日足>

日経平均は、19,494.53円(+102.93 +0.53%と上昇しました。

日銀政策決定会合で、当面、現在の緩和政策を続けることが決定したため、海外勢を中心に買い安心感につながったようです。

海外で大きな波乱がなければ、年内は相場が大きく崩れることなく進む可能性が高まりました。

本日は緩和政策継続決定のせいか、出遅れ内需株に強い動きが目立ちました。

日経平均のボラが落ち着くようであれば、出遅れ内需株の上昇が継続する可能性が高いと考えております。

<市場別 騰落銘柄数>

上昇 下落 変わらず
1部 1,230 626 143
2部 239 198 88
JASDAQ 329 288 99
マザーズ 108 101 17
合計 1,906 1,213 347

<マザーズ指数 日足>

新興市場は、JASDAQ、マザーズともに上昇。

・JASDAQ平均 2,712.44(+10.49 +0.39%

・マザーズ指数  928.27(+8.26  +0.90%

マザーズ指数は、そーせいなどの大型株が堅調で上昇しました。

そーせいは、特段の買い材料がなく、午後、上値を急激に伸ばしているため、緩和政策継続の決定を受けた、空売りの買戻し主体の上昇に見えます。

更新の励みになるので投票お願いします。
(↓クリックで投票)
ブログランキング・にほんブログ村へ