(2017/2/14)東芝の決算発表延期などで相場下落

本日の収支(保有株は時価ベース)
口座種別 収支
中長期用口座 -139,950円
短期用口座 +21,970円
合計 -117,980円

本日の売買と保有銘柄数

本日の売買

本日は売買なし。

後場に東芝の決算発表延期が原因と思われる日経平均の急落がありました。

中長期用口座

(保有銘柄数)

買い:5

日経先物(ミニ)買い建て

短期用口座

(保有銘柄数)

買い:6

[PR]迷える投資家の羅針盤 トレーダーズ・プレミアム

マクロ状況

<日経平均 日足>

<日経平均 5分足>

日経平均は、19,238.98円(-220.17 -1.13%)と下落。

前引けで14,400円程度であった日経平均が、昼休みに発表された東芝の決算発表延期をトリガーとして、後場だけで200円ほど急落しました。

5分足チャートのとおり、後場寄り付きから30分程度で150円ほど急落しており、東芝の決算発表延期に反応して、自動売買システムが日経先物などに大量の売りを入れたものと思われます。

また、トランプの米大統領補佐官であるマイケル・フリン氏の辞任が伝わったことも急落の原因でしょうか。14:30ころからの100円ほどの下落は、マイケル・フリン氏の辞任が影響していると見ています。

明日の動きは今夜のアメリカしだいです。

NYダウの急落がなければ、日経平均は明日、戻りを試す流れとなる可能性が高いです。

<ドル円 日足>

ドル円も後場下落。

今夜、イエレン米FRB議長の議会証言で今後の利上げ見通しがどう変化するか。

市場はすでに3月利上げの見送りを織り込んでおり、イエレンの議会証言がドル円にマイナスに作用する可能性は低いと考えています。

<市場別 騰落銘柄数>

上昇 下落 変わらず
1部 676 1,191 134
2部 217 216 73
JASDAQ 323 301 84
マザーズ 117 109 3
合計 1,333 1,817 294

1部市場だけ下落が目立ちます。

<マザーズ指数 日足>

新興市場は、JASDAQ、マザーズともに上昇。

・JASDAQ平均 2,905.98(+2.57  +0.09%

・マザーズ指数 1,020.40(+11.31 +1.12%

新興市場は1部市場と異なり上昇基調を保っています。

本日の注目銘柄

(6502)東芝 229.8( -20  -8.01%)

昼に四半期決算の発表を延期したことで後場急落しました。

その後、原発の損失額が7,125億円に及ぶことを公表していますが、四半期決算発表延期の理由は、傘下の米原子力大手ウエスチングハウス(WH)による米原子力サービス会社の買収を巡り不適切行為の疑いが浮上したためのようで、新たな不祥事が発覚する可能性もあります。

ちょっと、もう東芝は苦しいですね。

原発という事業は、東電の例からもわかるように湯水のようにお金がかかります。

たとえ今回、半導体メモリー事業の分社化で乗り切れた場合でも、原発から撤退しない限り、東芝はもう無理なのではないでしょうか。

現在の株価は一部の機関投資家などが必至で買い支えているようですが、個人投資家は手出し無用です。

IPOセカンダリーのページを更新しました。

IPOセカンダリー

ブログタイトル下のメニューからでもアクセス可能です。

更新の励みになるので投票お願いします。

(↓クリックで投票↓)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ