(2017/2/15)シノケングループが好決算を発表

本日の収支(保有株は時価ベース)
口座種別 収支
中長期用口座 +142,269円
短期用口座 +48,191円
合計 +190,460円

本日の売買と保有銘柄数

本日の売買

本日は日帰り温泉に出かけていたため売買なし。

収支的には昨日の下落分を戻した感じでしょうか。

中長期用口座

(保有銘柄数)

買い:5

日経先物(ミニ)買い建て

短期用口座

(保有銘柄数)

買い:6

[PR]迷える投資家の羅針盤 トレーダーズ・プレミアム

マクロ状況

<日経平均 日足>

日経平均は、19,437.98円(+199.00  +1.03%)と上昇。

昨夜のイエレン米FRB議長の議会証言で、年3回の利上げ観測が再燃したことでドル円が上昇、またNYダウが高値追いを続けたことで、日経平均は昨日の下落分を取り返す動きとなりました。

ただ、19,500円を明確に超えることはできず、今ひとつ不満の残る動きとなりました。

チャート的にも195,00円~196,00円の壁は厚そうで、利益確定売りというよりは、空売り筋の新規売りが入りやすい水準と考えられます。

壁が厚いだけに、ここを超えると20,000円の声がすぐに聞こえてきそうです。

明日の東京は春を思わせる陽気となりそうです。

また私用で出かけるため売買は行わない予定ですが、相場にも一足早い春の訪れが待たれます。

<ドル円 日足>

ドル円は、昨夜のイエレン米FRB議長の議会証言を受けて上昇基調です。

トランプが近々出すと宣言した政策が発表されるまでは、上昇基調が続くと考えています。

<市場別 騰落銘柄数>

上昇 下落 変わらず
1部 1,385 500 116
2部 257 167 78
JASDAQ 340 275 85
マザーズ 104 115 10
合計 2,086 1,057 289

1部市場の上昇が目立ちます。

<マザーズ指数 日足>

新興市場は、JASDAQ、マザーズともに上昇。

・JASDAQ平均 2,907.32(+1.34  +0.05%

・マザーズ指数 1,025.15(+4.75  +0.47%

新興市場はすでに春の陽気です。

本日の注目銘柄

(8909)シノケングループ 2,074(+93 +4.69%)

当ブログで度々取り上げているシノケングループが大きく上昇しました。

本日引け後に決算発表があり、事前に内容が漏れていたのではと勘繰りたくなる上昇です。

まあ、それは置いといて、

引け後に発表された決算は、すばらしい数値です。

売上高 81,294(前年比+47.6%)

営業利益 10,570(前年比 +43.5%)

経常利益 9,859(前年比 +53.9%)

新興市場の急成長中の企業の決算かと見間違うくらいです。

経常利益のコンセンサス予想(9,750)も上回っています。

この銘柄がPER5倍そこそこの株価ですから驚きです。

来期の業績予想も同時に発表しており、売上、利益ともに二桁増の計画です。

これからはストックビジネスの割合も増えますので安定感も増すことでしょう。

当銘柄の株価が冴えない原因は、アナリストによる不動産販売事業の成長見通しが低い事もありますが、一番の理由は外資のしつこい空売りによるものです。

よく、日銀が巨額のETF買い入れを行うことに対して、自然な株価形成を歪めていると発言する人を見かけます。(売り屋に多い)

では、当銘柄などへのしつこい空売りはどう説明するのか。

明日の株価はどうなるかわかりません。

寄りで跳ねたところを、また外資が空売りで抑え込んで来る可能性もあります。

ただ、中長期では、株価は必ず業績に従い推移しますから、株価が上がるのは時間の問題です。

安心して保有できる数少ない銘柄です。空売りで押目があれば買い増すのみです。

株価3,000円を付けて当たり前の銘柄です。

今日は温泉帰りのためIPOセカンダリーのページの更新はお休みします。

IPOセカンダリー

ブログタイトル下のメニューからでもアクセス可能です。

更新の励みになるので投票お願いします。

(↓クリックで投票↓)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ