(2017/2/16)東芝ショックで上昇エネルギー欠乏か

本日の収支(保有株は時価ベース)
口座種別 収支
中長期用口座 +3,391円
短期用口座 -34,406円
合計 -31,015円

本日の売買と保有銘柄数

本日の売買

一日外出していたため売買なし。

シノケンはやはり下落ですか。短期の決算トレードの方は無条件に売るとしても、また空売り機関が売りを入れたかな。

管理人の場合、どちらに動いてもシノケンは中長期なので放置です。

中長期用口座

(保有銘柄数)

買い:5

日経先物(ミニ)買い建て

短期用口座

(保有銘柄数)

買い:6

[PR]迷える投資家の羅針盤 トレーダーズ・プレミアム

マクロ状況

<日経平均 日足>

<日経平均 5分足>

日経平均は、19,347.53円(-90.45 -0.47%)と下落。

NYダウは昨夜も史上最高値を更新しているというのに日経平均は下落ですか。

やはり東芝の件が、海外の投資家のセンチメントを悪化させているのでしょう。

日経平均EPSも下がりますし。

また、昼前にANAより経営課題に関する会見の事前アナウンスがあったようで、日経平均の5分足を見ると、ちょうどそのタイミングで急落しています。

この角度で下落する場合は、自動売買システムのアルゴ売りです。

結局はただの社長交代会見だったようですが、事前アナウンスの出し方には注意してもらいたいものです。

21:00時点の日経先物はさらに下落して19250円付近。

日中の下落がANA騒動のためだとしたら、心配が杞憂に終わったことで戻してもいいはずですが、引け値よりさらに下落しています。

海外市場の状況もあるでしょうが、下方向へのバイアスがかかっている証拠と考えます。

明日、上昇しないようであれば、また下方向への動きとなる可能性があります。

<ドル円 日足>

ドル円も下落。

ここから過度な下落の心配は少ないと思いますが、NYダウもそろそろ一服しそうなタイミングだけに、ちょっと嫌な雰囲気です。

<市場別 騰落銘柄数>

上昇 下落 変わらず
1部 774 1,045 182
2部 224 205 80
JASDAQ 290 282 129
マザーズ 84 141 4
合計 1,372 1,673 395

1部とマザーズの下落が目立ちます。

<マザーズ指数 日足>

新興市場は、JASDAQ、マザーズともに上昇。

・JASDAQ平均 2,912.22(+4.90 +0.17%

・マザーズ指数 1,025.98(+0.83 +0.08%

新興市場は上昇が続いていますが、明日、日経平均が続落するようであれば金曜日だけに要注意です。

本日の注目銘柄

(9202)ANAホールディングス  (-4.2  -1.28%)

「重要な経営課題」に関する会見を行う。

こう報道されたら、東芝ショックの傷が癒えない市場はパニックになるでしょう。

結局、単なる社長交代会見だったようですが、少しは市場への影響を考えてほしいものです。

今日売ってしまった投資家は明日買い戻すかも知れませんが、恐らく今日売った価格よりも高く買い戻さなければならないため損害が生じます。

サービス・クオリティ・マネジメントを売りに、顧客満足度や価値の創造を重視する天下のANAですが、IR担当は教育の対象外なのかも知れません。

東芝が再建でリストラを行うようであれば、東芝のIR担当を採用すれば、このようなことはなくなるはずです。IRの一字一句に神経をすり減らすような修羅場を潜り抜けており体に染みついているはずなので。

ちょっと用事があるので、今日もIPOセカンダリーのページ更新は休みます。

IPOセカンダリー

ブログタイトル下のメニューからでもアクセス可能です。

更新の励みになるので投票お願いします。

(↓クリックで投票↓)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ