(2017/2/27)トランプ議会証言警戒ムードも新興市場は堅調

本日の収支(保有株は時価ベース)
口座種別 収支
中長期用口座 +105,386円
短期用口座 +67,774円
合計 +173,160円

本日の売買と保有銘柄数

本日の売買

中長期口座で(2379)ディップ、(2649)ファインデックスを売却。

短期口座で(6861)キーエンス、(6753)シャープを売却。

相場の動きが怪しくなってきたため、ポジション縮小のために4銘柄を売却しました。

保有銘柄は、この悪い相場環境のなかでも上昇するものが多くありがたいことです。

中長期用口座

(保有銘柄数)

買い:4

短期用口座

(保有銘柄数)

買い:4

マクロ状況

<日経平均 日足>

日経平均は、19,107.47円(-176.07 -0.91%)と下落しました。

やはり、明日のトランプの議会証言(日本時間3月1日11:00予定)を警戒して、リスク回避の動きが強まってきました。

個人的には、それほど酷い内容になるとは思えないのですが、何せ短期筋による大量空売りという暴力が怖いので、念のためポジションを縮小しました。

日経VIも、前日比+6.20%と急上昇しています。

明日も弱い相場が続きそうです。

ここは素直に、トランプの議会証言待ちが賢い選択と思います。

3月1日のザラバが酷いことにならなければいいのですが。

■16:00時点でのVIX指数

・日経VI 18.34(前日比+1.07 +6.20%)

・VIX恐怖指数(2/24) 11.47(前日比-0.24 -2.05%)

・VSTOXX欧州恐怖指数(2/24) 15.86(前日比+0.40 +2.57%)

<ドル円 日足>

ドル円も当然ながらリスク回避で下落基調です。

<市場別 騰落銘柄数>

上昇 下落 変わらず
1部 431 1,458 113
2部 155 298 67
JASDAQ 272 339 94
マザーズ 94 130 5
合計 952 2,225 279

1部市場の下落数が際立っています。

<マザーズ指数 日足>

新興市場は、JASDAQ、マザーズともに本日も上昇。

・JASDAQ平均 2,987.27(+4.64 +0.16%

・マザーズ指数 1,059.28(+2.60 +0.25%

日経平均が弱含むなか、新興市場は本日も堅調でした。

本日の注目銘柄

(6254)野村マイクロ・サイエンス   1,010 (+150  +17.44%)

2月14日の四半期決算発表をきっかけに、2週間で株価が3倍になっています。

通期の営業利益見通しを事前予想の10倍に引き上げたことが上昇の主因のようです。

先週金曜日は増し担保規制が入り調整していましたが、本日すぐに切り返してストップ高となりました。

しかし、さすがに、ここからは怖くて入れません。

決算発表前から保有されていた方が羨ましい限りです。

本日は、これから外出するためIPOセカンダリーのページ更新は休みます。

2/24時点の状況は、下記からアクセス可能です。

IPOセカンダリー

なお、1週間ほど前からIPOセカンダリーのページを変更していますので、古いページをブックマークされている方は、上記に変更をお願いします。

ブログタイトル下のメニューからもアクセス可能です。

更新の励みになるので投票お願いします。

(↓クリックで投票↓)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ