トランプ議会演説無事通過、19600円の壁崩せるか(2017/3/1)

本日の収支(保有株は時価ベース)
口座種別 収支
中長期用口座 -65,937円
短期用口座 +7,669円
合計 -58,268円

本日の売買と保有銘柄数

本日の売買

短期用口座で(3932)アカツキ、中長期用口座で(3653)モルフォを購入。

下落がつづいていたアカツキが切り返したので購入。

経営者のインサイダー疑惑で下落していたモルフォも上昇に転じたため購入しました。

モルフォはAI絡みでの息の長い上昇を期待して中長期口座で購入しましたが、値動きによっては短期で売却するかも知れません。

中長期用口座

(保有銘柄数)

買い:5

短期用口座

(保有銘柄数)

買い:5

マクロ状況

<日経平均 日足>

日経平均は、19,393.54円(+274.55 +1.44%)と大幅に上昇。
昨夜のドル高を好感して高く始まった日経平均ですが、前場は11:00からのトランプ演説を警戒し前引けにかけて軟調に推移しました。
後場、トランプ演説を無難に通過したことで、上げ幅を広げる展開となりました。

トランプ演説をインターネット中継で見ていましたが、具体的な政策への言及はなかったものの、巨額なインフラ投資など今まで発言した政策は実行されるようですし、何より演説がうまい。アメリカの一体化を呼びかけたり、移民問題についての演説では移民被害を受けたゲストの女性が涙ぐむシーンが映し出されるなどアメリカ世論は好感しそうです。

昨夜のダドリー米ニューヨーク連銀総裁が早期の利上げの可能性に言及したこともあり、為替はドル高方向へ推移していますし、これでは日本市場への短期筋の空売りの仕掛けは難しいと思います。

今回は短期筋の空売りの仕掛けはないでしょう。

今後、アメリカの3月利上げ期待が高まるようだと、日経平均も20,000円を目指す展開があるかも知れません。
何度も跳ね返されている、19500円ー19600円の壁は厚そうですが、ここを崩すことができれば、20,000円到達は意外と早いかも知れません。

NYダウは今夜からまた上昇するのではないかと思います。

■16:00時点でのVIX指数

・日経VI 17.81(前日比-0.86 -4.61%)

・VIX恐怖指数(2/28) 12.92(前日比+0.83 +6.78%)

・VSTOXX欧州恐怖指数 16.28(前日比+0.24 +1.53%)

日経VIは後場から急速に低下。海外のVIX指数も今夜は下落するのではないでしょうか。

<ドル円 日足>

ドル円もトランプ議会演説を通過後、大きく上昇しています。
何より、アメリカの3月利上げ期待が再燃したことが好材料です。
今後発表されるアメリカ市場の経済指標しだいでは、このまま上昇する可能性も出てきました。

<市場別 騰落銘柄数>

上昇 下落 変わらず
1部 1,426 456 120
2部 238 175 92
JASDAQ 342 264 105
マザーズ 107 113 9
合計 2,113 1,008 326

日経平均大幅上昇で、1部市場の上昇が目立っています。

<マザーズ指数 日足>

新興市場は、JASDAQ、マザーズともに本日も上昇。

・JASDAQ平均 3,004.44(+15.11 +0.51%

・マザーズ指数 1,069.76(+10.45 +0.99%

新興市場はあいかわらず堅調です。

上昇の流れが止まるとしたら今日の可能性が高いと考えていましたが、心配無用でした。

今後ドル高が急速に進んで、1部市場へ資金が流れない限り、まだ堅調な展開が期待できそうです。

本日の注目銘柄

(3653)モルフォ  5,220+220 +4.40%)

手ぶれ補正の画像処理ソフトや鉄道システムAIなどで期待の大きかったモルフォですが、経営陣のインサイダー疑惑でここ2日間大きく下落していました。

本日、株価が切り返したため購入してみました。

インサイダーでは、同社役職員10名に課徴金が課せられるようですが、今後どうなるのか。

業績への直接的な影響はなさそうですが・・

あまり調べてないのですが、相場の地合いも好転したため勢いで購入してみました。

今後の値動きが悪い場合は早期売却も考えています。

IPOセカンダリーのページは、本日中に更新予定です。

IPOセカンダリー

なお、1週間ほど前からIPOセカンダリーのページを変更していますので、古いページをブックマークされている方は、上記に変更をお願いします。

ブログタイトル下のメニューからもアクセス可能です。

更新の励みになるので投票お願いします。

(↓クリックで投票↓)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ