リスクイベント通過でセンチメント良好 押し目買い需要強く崩れない相場(2017/3/16)

本日の収支(保有株は時価ベース)
口座種別 収支
中長期用口座 +118,944円
短期用口座 -3,443円
合計 +115,501円

本日の売買と保有銘柄数

本日の売買

本日は、寄り後しばらく相場を見て、大崩れがないことを確認後に、一日外出していたため売買なし。

シャープがあいかわらず強いです。外出予定がなければ、朝、再び購入して6%の含み益を抱えているところでしたので残念です。下げても翌日には強い押目買いが入るようで、現在の相場を象徴するような強さです。

中長期用口座

(保有銘柄数)

買い:6

短期用口座

(保有銘柄数)

買い:4

マクロ状況

<日経平均 日足>

日経平均は、19,590.14円(+12.76 +0.07%と小幅に上昇しました。

昨夜のFOMCでは予想どおり利上げとなったものの、今年の利上げ見通しが強まる結果とはならず、利上げ発表直後から為替は大きく円高に振れましが、日経平均は崩れないばかりか、何と本日プラスで引けました。

昨夜のFOMCの利上げ発表後の相場の動きとしては、利上げが発表された3:00から、ドル円は5分で114.5円から113.7円まで急落しましたが、日経平均先物はすぐに下落せず、6:00頃に最安値である19,300円(配当落ち分を加味すると、実質19430円くらい)をつけた程度です。

その後、ドル円は下落したままですが、日経平均は全戻ししています。

明らかに、ドル円と日経平均の連動性が薄れています。

相場が下落しない理由としては、投資家の押し目買い需要が強いこともありますが、機関投資家のCTAアルゴが、ドル円と日経平均の連動性を重くみないように変更された可能性もあるのではないでしょうか。

こうなると、売り方には非常に厳しく、高確率で今後の相場は強含むと考えていいと思います。

新たな火種が出ない限り、日経平均は来週20,000円を目指すのではないでしょうか。

<ドル円 日足>

ドル円は、昨夜のFOMCで今後の利上げ見通しが強まらなかったことで下落しました。

ただ、利上げ見通しが弱まったわけではないので、このまま下落し続けるということはないように感じます。

<市場別 騰落銘柄数>

上昇 下落 変わらず
1部 1,235 630 139
2部 252 162 96
JASDAQ 384 223 81
マザーズ 153 68 10
合計 2,024 1,083 326

全市場で上昇が目立ちます。

<JASDAQ平均 日足>

<マザーズ指数 日足>

新興市場は、JASDAQ、マザーズともに上昇しました。

・JASDAQ平均 3,032.15(+19.44 +0.65%

・マザーズ指数 1,051.84(+16.05 +1.55%

マザーズ指数は昨日の下落分を半分程度戻しただけですが、今後、日経平均が上昇するようであれば、マザーズ指数も再上昇する可能性が高いと思います。

━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━
業界最高水準の会員制株式情報サービス!!
■□■  トレーダーズ・プレミアム □■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日の注目銘柄

本日は外出していたため、注目銘柄の記載は休みます。

IPOセカンダリーのページは、本日中に更新予定です。

IPOセカンダリー

ブログタイトル下のメニューからもアクセス可能です。

更新の励みになるので投票お願いします。

(↓クリックで投票↓)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ