短期筋の売り仕掛けで下落、今後の下落を狙った動きか(2017/3/30)

本日の収支(保有株は時価ベース)
口座種別 収支
中長期用口座 -102,245円
短期用口座 -61,498円
合計 -163,743円

本日の売買と保有銘柄数

本日の売買

中長期口座で(8515)アイフル、(1381)アクシーズ、(8306)三菱UFJフィナンシャルGを売却。

本日は朝から機関投資家の売りにより地合いが悪く、午後には先物への売り仕掛けらしき動きを確認したため、リスク軽減のため3銘柄を薄利で売却しました。

中長期用口座

(保有銘柄数)

買い:9

短期用口座

(保有銘柄数)

買い:5

マクロ状況

<日経平均 日足>

日経平均は、19,063.22円(-154.26 -0.80%と下落しました。

寄り付きからドル円が上昇しているにもかかわらず、前場は機関投資家の売りと見られる下げで50円安程度の下落となっていましたが、後場13:30ごろから先物への仕掛けと見られる動きがあり日経平均は急落し154円安で引けました。

<日経平均先物 5分足>

<ドル円 5分足>

横軸が統一されてなくて、ちょっと見にくいのですが、日経先物とドル円の5分足を見ると、後場、先に日経平均先物が急落し、後からドル円が引きずられるように下げているのがわかります。

前場から空売りを仕掛けると、後場に日銀の買いが入るため、あえて仕掛けのタイミングを後場にしたものと思われます。

ただ、ドル円は下げ渋っており、21:30時点でも111円台(前日比プラス)での推移となっています。

ここ数年、年度末から年度初めにかけては、日経平均が下落することが多いのですが、それを先取りするための短期筋の仕掛けと思われます。

恐らく、売り方は目先の下落だけでなく、トランプ政策への不安から4月の暴落を予想しているのではないでしょうか。

最近、個人投資家の信用買いが増加傾向にあるため、売り方は先物と現物に大規模な空売りを仕掛けて、信用の投げを巻き込んで相場を下げようとしています。

本日の空売り比率は40.9%と上昇しています。

<ドル円 日足>

ドル円は、21:30時点で111円30銭近辺での推移となっています。

日足ベースでは一度下げ止まった格好となっていますが、今後、ダウの行方によっては、再度110円割れを試す動きも警戒されるところです。

但し、アメリカ経済は堅調であり、ダウが上昇するようであれば、ドル円も下げず、日本市場への空売りも買い戻さざるを得なくなるため、大きく上昇する可能性もあります。

まだどちらに動くかは不透明です。

<市場別 騰落銘柄数>

上昇 下落 変わらず
1部 338 1,572 100
2部 182 240 78
JASDAQ 231 364 89
マザーズ 81 150 5
合計 832 2,326 272

1部市場の下落が目立ちます。

<JASDAQ平均 日足>

<マザーズ指数 日足>

新興市場は、JASDAQ、マザーズともに下落しました。

・JASDAQ平均 3,036.23(-3.55 -0.12%

・マザーズ指数 1,064.62(-7.70 -0.72%

マザーズ指数は前場の上昇から下落したため、上髭を付ける形状となっており、昨日の上げも売り方のチャート形状を悪化させるための演出とも受け取れます。

━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━
業界最高水準の会員制株式情報サービス!!
■□■  トレーダーズ・プレミアム □■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



本日の注目銘柄

(6502)東芝 228.2 (+8.8 +4.01%)

本日、臨時株主総会で、半導体事業の分社化が承認されました。

ウェスチングハウス(WH)の米連邦破産法11条の適用申請も決まっており、本日の株価はあく抜けで上昇しました。

これで当面の危機は去ったわけですが、半導体事業を切り離した東芝の株価はどのくらいが妥当なのでしょうか。

今の株価はマネーゲームの最中ですが、本質的にどのくらいが妥当な株価なのか、普段のサイコロ予想ではなく、こういう時こそ専門家の論理的な意見を聞きたいものです。

この点について語る専門家は見あたりません。

IPOセカンダリーのページ更新は休みます。

IPOセカンダリー

ブログタイトル下のメニューからもアクセス可能です。

更新の励みになるので投票お願いします。

(↓クリックで投票↓)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ