重要イベントを控えて様子見。サイバーステップが大幅高(2017/6/8)

本日の収支(保有株は時価ベース)
収支
本日 +271,820円
6月計 +505,719円

本日の売買と保有銘柄

本日の売買

本日の売買はなし。

今日は売買する気がなかったため、相場の様子を、たまに覗いていた程度です。

アエリア12%上昇、サイバーステップ11%上昇で、収支は大幅プラスでした。

あ、サイバーステップを保有していることがばれますね。

サイバーステップの分析を、記事の下のほうに記載しましたので、よろしければ読んで下さい。

【保有銘柄】

(3758)アエリア 他3銘柄



マクロ状況

<日経平均 日足>

日経平均は、19,909.26円(-75.36 -0.38%と下落しました。

前場はプラス圏で推移していましたが、後場に為替が円高に振れて、下げ足を速めたようです。

今夜、英総選挙やコミーFBI前長官の議会証言を控えているため、今日の下落はご愛敬と言ったところで、あまり気にする必要はなさそうです。

メジャーSQと重要イベントを通過して、明日どう動くのか。

今後の方向感が予想できる日になるかも知れません。

(空売り比率の推移)

6/8:38.2%

6/7:36.5%

6/6:38.0%

6/5:36.1%

6/2:35.0%

6/1:35.8%

空売り比率は、また上昇しています。

<ビットコイン 1か月間の日足>

ビットコイン相場は本日も大きな崩れはありません。

17:00時点で310,000円付近で推移しています。

<ドル円 日足>

17:00時点で109.7円付近で推移しています。

大引け時から若干戻しています。

<市場別 騰落銘柄数>

上昇 下落 変わらず
1部 698 1,198 121
2部 211 202 82
JASDAQ 312 291 84
マザーズ 85 146 5
合計 1,306 1,837 292

1部とマザースで下落が目立ちます。

<JASDAQ平均 日足>

<マザーズ指数 日足>

新興市場は、JASDAQは上昇、マザーズは下落しました。

・JASDAQ平均 3,224.67(+2.55 +0.08%

・マザーズ指数 1,117.76(-5.36 -0.48%

マザーズ指数は、14:00ごろまではプラスをキープしていましたが、ラスト1時間で急速に下げました。最近急上昇していた特定の銘柄に売りが入ったようです。

━━━[PR]━━━━━━━━━━━━━━━━
業界最高水準の会員制株式情報サービス!!

本日の注目銘柄

(3810)サイバーステップ(+380 +11.76%)

サイバーステップの株価は、年初1月6日の終値382円から、本日の終値3610円まで、わずか5か月程度で8.5倍になっています。

単なる仕手株かと思えば、そんなことはなく業績の裏付けがあります。

一番の収益源はオンラインクレーンゲーム「トレバ」です。

「トレバ」はPCやスマホから、実物のクレーンを操作して景品を狙うゲームであり最近参入する企業が増えていますが、サイバーステップが草分け的な存在です。

管理人は、今日初めてネットで見てみましたが、これがなかなか面白い。

他人がプレイする様子を下記からライブで見れますので、見たことのない方はどうぞ。

(会員登録やログインなしで誰でも見れます。)

クレーンゲーム トレバ

普通のクレーンゲームと同じように景品が取れそうで取れない。

自分が終わった後に、次にプレイする予約人数が表示されているので、もう少しで取れそうな場合は、ついつい追加で遊んでしまうという傾向がありそうです。

大きめのぬいぐるみ(リラックマ)が景品の台を30分ほど観察していたところ、プレイヤーはがんがん回しまくっています。

1回のプレイ時間は20~30秒程度ですが、平均1分に1回として1時間に60回、24時間フル稼働ならば1440回、一回のプレイ代が180円(1800TP)ですので、1台で1日25万円の売り上げがある計算になります。

会社発表の資料によると、第三四半期の設置台数は160台で稼働率平均15台とのことですので、1日の売り上げは25万×15台=375万円。

1か月あたりでは、375万円×30日=1億1,250万円となります。

ぼろい商売です。

現在、設置台数を拡大中で、現在の稼働率平均は60台程度まで上昇しているらしいです。

さらにすごいのは、アメリカの有名ユーチューバーが「トレバ」の実際のプレイを動画配信したところ、昨日、稼働率平均が1.5倍になったようです。

管理人のカンですが、欧米人の性質からして、オンラインクレーンゲームはウケそうです

ポケモンGOや、ピコ太郎など、一見単純なものほど欧米人は嵌まる傾向がありますので、オンラインクレーンゲームも、大ヒットする可能性を秘めています。

また、サイバーステップは「トレバ」以外にも、モンスト級と噂されるモンスターアプリ、ゲットアンプトの発売を控えています。

四季報予想で、サイバーステップの業績予想が5月25日に大幅に上方修正されました。
(現時点では四季報オンラインの有料会員のみが参照できます。)

(修正前)
2017.5  2120 40 0 -20

(修正後)
2017.5  2700 350 330 280

「トレバ」の収益拡大はこれからですので、2018.5期は、さらに業績が大幅に拡大することは間違いなさそうです。

現在の株価で、2017年予想PER61倍程度ですので、ゲーム関連銘柄としては割高とはいえず、また、時価総額がまだ50億円200億程度と軽量です。

増担保規制をものともせずに上昇している今の株価は、ちょっと上昇が急すぎるような気もしますが、もしかすると、これからガンホー級になる可能性もあると考えています。

この記事は買い煽りではないため、売買の判断はご自身お願いします。

IPOセカンダリーのページは下記からアクセス可能です。(最終更新日5/28)

IPOセカンダリー

更新の励みになるのでクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ