アメリカ市場に影響され相場が急落したが、心配する局面とは思えない(2017/8/18)

本日の収支(保有株は時価ベース)
収支
8/18 -259,727円
8月計 +279,327円

本日の売買と保有銘柄

本日の売買

1銘柄新規購入

1銘柄売却

今日の相場はアメリカの政局不安の影響で下落・・

と言いたいところですが、下落した本当の理由は短期筋の売り仕掛けによるものです。

昨夜から日経先物の出来高が膨らんでおり、先物主導で売り崩しに来ていることは間違いありません。

アジアの他市場がさほど下げていないため、また日本市場が狙われています。

(9024)西武ホールディングスを購入。
昨日、サーベラスの完全撤退が明らかになり、窓を空けて上昇しましたが、本日、ほぼ窓を閉める位置まで下落したため購入しました。

(4406)新日本理化を売却。
昨日購入したマネーゲーム銘柄ですが微益で売却しました。
来週以降、また動き出す可能性がありますので監視は継続します。

なお、昨日、長期保有銘柄のページを更新しました。

長期保有銘柄
長期保有銘柄
長期保有銘柄の状況 企業の成長に賭けて、数年単位の...

【保有銘柄】

(3758)アエリア 他5銘柄

マクロ状況

<日経平均 日足>

日経平均は、19,470.41円(-232.22 -1.18%)と下落。

昨夜のトランプ発言によるアメリカの政局不安に起因すると思われるNYダウの下落を受けて、大幅に下落しました。

昨夜から日経先物の出来高が急増しており、海外のヘッジファンドなどの短期筋が先物主導で下げを仕掛けています。

アジアの他市場がそれほど下げていないことからも、脆弱な日本市場を売り崩しに来ていることが明らかです。

香港ハンセンは大きめに下げているものの、上海総合はプラス、韓国KOSPIはほぼ変わらずでした。

管理人の考えとしては今の下落はあまり心配する必要はなく、今は様子見か、安くなった銘柄を資金配分に注意しながら買い下がってゆけば問題ない局面と考えています。

来週、8月24日からジャクソンホール会合が開催されますが、そこでECBのドラギ総裁の講演が予定されており、その公演でECBのテーパリングに関する計画にふれる可能性が高く、依然として緩和政策を維持する日本にとっては追い風となるはずです。

今年は秋以降に株価が調整する時期がありそうですが、まだその時期ではないと考えています。

来週のジャクソンホール会合前後から、割安な日本株は一旦上昇するというのが管理人のメインシナリオです。

ちなみに、北朝鮮リスクに関しては、今騒いでいるのは日本だけで、他国ではもうたいして話題にも上がっていません。

北朝鮮リスクが日本だげで大きく取り上げられる理由は、日本のマスコミの視聴率を追求するための過度な報道が原因。

不必要に不安を煽る、行き過ぎた報道は自制してもらいたいものです。

空売り比率の推移

(8/17)42.3%

(8/16)39.3%

(8/15)39.3%

(8/14)40.1%

(8/10)41.1%

短期筋の仕掛けにより空売り比率が急騰しています。

大規模な仕掛けだけに、環境が好転すれば急上昇が期待できます。

<ドル円 日足>

ドル円は17:00時点で109.0円付近で推移しています。

<市場別 騰落銘柄数>

上昇 下落 変わらず
1部 279  1,672  72 
2部 123  311  63 
JASDAQ 180  436  71 
マザーズ 54  180 
合計 636  2,599  211 

全市場で下落が優勢です。

<JASDAQ 日足>

<マザーズ 日足>

新興市場は、JASDAQ、マザーズともに下落しました。

JASDAQ平均 3,334.51(-6.34 -0.19%

マザーズ指数 1,084.80(-12.59 -1.15%

昨日まで底入れの雰囲気だった新興市場ですが、今日は水をさされた形となりました。

ただ、このまま下落を続ける可能性は低く、マザーズ指数は最悪でも8月14日の1053.83円が底と考えています。

更新の励みになるのでクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ