北朝鮮問題でリスクオフ、これって北朝鮮ビジネス?(2017/9/4)

本日の収支(保有株は時価ベース)
収支
9/4 -293,137円
9月計 -579,664円

本日の売買と保有銘柄

本日の売買

1銘柄追加購入。

1銘柄売却。

今日は、北朝鮮リスクで弱気相場となり、個人売買の多い銘柄、特にゲーセク銘柄などはほぼ壊滅状態でした。
現在のような相場は、実態のない不安による下げであるため、いずれ必ず反発します。
資金配分に注意しながら、バーゲンセール中と考えられる銘柄を買い、しばらく放置しておけば高確率で利益が出ます。

(3656)KLabを追加購入。
マクロ悪化で、寄りで大きめの投げが出て窓を大きく開けて寄り付いたため追加。ここ4日間の最大下落幅が30%近くになり、そろそろ底値固めが期待されます。
この銘柄に関しては、業績的に明らかに割安であるため、下げれば買い増すスタンスで問題ないと考えています。
今後も大きく下げたら少しづつ追加、それ以外は放置して、株価の回復を待ちます。

田中化学研究所を利確。

【保有銘柄】

(3758)アエリア 他7銘柄

マクロ状況

<日経平均 日足>

日経平均は、19,508.25円(-183.22 -0.93%)と下落。

北朝鮮の核実験強行によってリスクオフとなり下落しました。

日経平均の下落幅はそれほどでもないのですが、今日は新興が大きく下げています。

空売り比率が大きく上昇しており、短期筋の大がかりな仕掛けも見られるようです。

個人投資家の売買が多い銘柄ほど下げ幅が大きく、不安による投げを誘うために短期筋が仕掛けていると考えられます。

また、週末にメジャーSQを控えているため、先物や225銘柄はSQがらみの仕掛けもあることでしょう。

個人的には軍事衝突など起こるはずがないので、今回の下落もいつもの実態のない不安による下げであり必ず戻しますので、今は、いい銘柄を安く仕込む絶好のチャンスとしか思えません。

東証1部の空売り比率は、ほぼ限界に近い44.5%に達しています。

ところで、北朝鮮のミサイルや核実験は相場で儲けるためのビジネスという説が出ていますが、最近、個人的にものすごく共感しています。

ビジネスの利益確定には空売りの買戻しが必要ですので、その前にいい銘柄を安く仕込んでおくべきです。

空売り比率の推移

(9/4)44.5%

(9/1)39.9%

(8/31)40.9%

(8/30)40.8%

(8/29)40.8%

(8/28)42.5%

空売り比率は、ほぼ限界点。

<ドル円 日足>

ドル円は18:30時点で109.5円付近で推移しています。

<市場別 騰落銘柄数>

上昇 下落 変わらず
1部 153 1,824 46
2部 92 370 43
JASDAQ 139 508 46
マザーズ 31 208 1
合計 415 2,910 136

全市場で下げ一色です。

<JASDAQ 日足>

<マザーズ 日足>

新興市場は、JASDAQ、マザーズともに下落しました。

JASDAQ平均 3,418.74(-34.74 -1.01%

マザーズ指数 1,075.46(-32.36 -2.92%

更新の励みになるのでクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ