北朝鮮リスク和らぐ、新たな挑発行動なければ相場底入れか(2017/9/12)

本日の収支(保有株は時価ベース)
収支
9/12 +87,437円
9月計 -765,341円

本日の売買と保有銘柄

本日の売買

デイトレで3万円の勝ち。

昨夜のアメリカ市場の上昇や、北朝鮮への国連決議が柔和なものとなったことで、今日の相場は大幅高。ちょっと予想外の動きでした。

個別では、相変わらずEV関連の物色が続いていますが、やり過ぎの感じも。

ただ、もしかすると、EVはこの秋の最大の物色テーマになるかも。

今日は前場のみの売買。

安永、田中化学研究所のデイトレで3万円の勝ち。

【保有銘柄】

(3758)アエリア 他4銘柄

マクロ状況

<日経平均 日足>

日経平均は、19,776.62円(+230.85 +1.18%)と大幅に続伸。

大幅上昇の原因は、アメリカが北朝鮮への制裁決議への態度を軟化させたため。

昨夜、アメリカ市場が大きく上昇したのも、この話が事前に市場に伝わっていたためのようです。

日経平均は、この2日間の上昇で、今月の下落分をすべて取り戻しており、相場の雰囲気は一転して強気に傾いています。

北朝鮮が新らたな挑発行動に出ると、また急落するリスクが内在しておりますが、上昇ペースが強いだけに底入れと言ってもいいかも知れません。

ただ、個人的には、まだ微妙な気がしています。

空売り比率の推移

(9/12)37.4%

(9/11)39.3%

(9/8)41.6%

(9/7)42.1%

(9/6)43.1%

空売り比率は買戻しで大幅に低下。

<ドル円 日足>

ドル円は16:30時点で109.5円付近で推移しています。

北朝鮮リスクが後退したことで、アメリカの長期金利が反転急上昇したことが上昇の要因です。

<米国国債10年金利>

<市場別 騰落銘柄数>

上昇 下落 変わらず
1部 1,503  447  76 
2部 353  102  44 
JASDAQ 477  141  65 
マザーズ 196  31  11 
合計 2,529  721  196 

今日も全市場、上昇一色です。

騰落レシオ(25日)の推移

(9/12)101.17

(9/11)100.44

(9/8)96.51

(9/7)99.21

(9/6)97.18

<JASDAQ 日足>

<マザーズ 日足>

新興市場は、JASDAQ、マザーズともに上昇。

JASDAQ平均 3,460.04(+38.14 +1.11%

マザーズ指数 1,051.43(+21.28 +2.07%

JASDAQ強過ぎ。JASDAQ平均は再び年初来高値更新モードへ。

更新の励みになるのでクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ