北朝鮮の水爆計画で上昇相場に水差し、週末のよい調整と考える(2017/9/22)

本日の収支(保有株は時価ベース)
収支
9/22 -101,321円
9月計 -341,895円

本日の売買と保有銘柄

本日の売買

1銘柄売却。

デイトレで6万円の勝ち。

北朝鮮の横槍が入り、軟調な相場となりました。
このところ急ピッチで上昇していたため、週末を控えた手頃な冷やし玉であると解釈しています。
今日は前場のみの売買。

(3656)KLabを売却
昨日、引けに再購入したKLabを売却しました。
TGSに向けて無理して上げた感じもあり、需給が重くなっています。
一旦、撤退して改めて入り直す予定です。

デイトレは、お決まりの(6208)石川製作所で6万円の勝ち。
ただ、手じまうタイミングが早すぎて、満足度は今ひとつです。

【保有銘柄】

(3758)アエリア 他3銘柄

マクロ状況

<日経平均 日足>

<ドル円 日足>

<JASDAQ 日足>

<マザーズ 日足>

日経平均 20,296.45(-51.03 -0.25%)

JASDAQ平均 3,511.15(-22.22 -0.63%

マザーズ指数 1,056.95(-14.47 -1.35%) 

3指数とも下落。

北朝鮮が動くと、どうせ脅しだとわかっていても、やっぱり市場は反応します。

最近は、恐怖感から投げが出るというよりは、北朝鮮の話が出たから空売りのチャンスと考える投資家が多いように思います。

■日経平均5分足

■JASDAQ平均5分足

■マザーズ指数5分足

3指数とも、朝の寄り付きから1時間程度で一気に下げ、その後はほとんど横横の動きです。

この朝の動きは、北朝鮮の話に便乗した空売りではないでしょうか。

一気に下げた後は、投資家がリスク慣れしているため、そこからの投げは出ていません。

恐らく、売り方にとっては、不満足な下げ幅だと思います。

それにしても、北朝鮮が核をビジネスに使っているという説、信憑性があるなあ。

何故かというと、この2日間で空売り比率が不自然に上昇しているのです。

空売り比率の推移

(9/22)40.6%

(9/21)40.0% ← 昨日、3%の上昇

(9/20)37.0% ← 一昨日、2.6%の上昇

(9/19)34.4%

(9/15)36.3%

(9/14)39.0%

単に、相場が過熱気味なので空売り比率が上昇したとも考えられますが、北朝鮮と組んだ海外のファンドなどが、

事前に空売りを仕込む ⇒ 北朝鮮の水爆計画公表 

で、利益を狙ったのではないでしょうか。

先月や、今月始めの北朝鮮騒動のときも、北朝鮮が動く前日に空売り比率の不自然な上昇がありました。
今後は、空売り比率を見ていれば、北朝鮮がミサイルを撃つタイミングを予想できるかも知れません。

なお、個人的には、今の相場状況では、空売りは相場上昇のエネルギー源に過ぎないと考えています。

空売りは上昇相場の肥やしです。

更新の励みになるのでクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ