9月配当落ち日だが底堅い相場、今後の展開は衆議院選しだいか(2017/9/27)

本日の収支(保有株は時価ベース)
収支
9/27 +238,749円
9月計 -108,402円

本日の売買と保有銘柄

本日の売買

1銘柄新規購入。

デイトレで2万円の勝ち。

今日はサイバーステップが大幅高。
中国で新規タイトルのβ版テストを開始したことが刺激となったようです。

以前、新聞にも記事が出ておりましたが、中国は世界最大のゲーム市場であり、現在は据え置き型が主流です。
今後は、中国のモバイルゲーム市場が大幅に拡大することが確実視されており、数年で日本の2倍以上の規模に成長するという評論も見られます。
最近は通信インフラの高速化・広域化が急速に進んでおり、またスマホ端末の高性能化も進んでいるため、ゲーム市場も据え置きタイプからモバイルタイプへのシフトが進むのだそうです。
ゲームメーカーにとっては、いかに中国市場に食い込めるかが成長のカギといわれております。

(3656)KLabを購入
先日売却しましたが、値動きが落ち着いてきたため再購入しました。
KLabは日本のソーシャルゲームメーカーが中国でことごとく敗退する中、成功を収めている数少ない企業です。
中国を始めとする海外展開について研究・分析を重ねており、中国の現地法人「スパイスマート社」の子会社化を行うなど、海外進出へ意欲的です。

上記の内容、下記の先月公開されたKLabの決算説明動画の後半で解説されています。
ぽっと出のゲームベンチャーと異なり、経営陣が安定しています。

【KLab】第二四半期決算説明動画(2017.8.8)

今日のサイバーステップの大幅高が刺激となって、ゲーセク銘柄の復活につながればよいのですが・・

デイトレは任天堂で2万円の勝ち。

【保有銘柄】

(3758)アエリア 他4銘柄

マクロ状況

<日経平均 日足>

<ドル円 日足>

<JASDAQ 日足>

<マザーズ 日足>

日経平均 20,267.05(-63.14 -0.31%

JASDAQ平均 3,559.56(+19.92 +0.56%

マザーズ指数 1,071.65(+19.12 +1.82% 

日経平均は9月の配当落ち分(140円程度)を考慮すると、実質的にはプラスといっていいと思います。
新興市場は上昇しており、相場の雰囲気は悪くありませんでした。

本日、「希望の党」が結党の記者会見を行いました。
テレビで見ていましたが、小池党首の説明は明快で大衆受けは良さそうです。感想としてはかなりの議席を取るのではないでしょうか。

党の方針は、日本の未来に繋がる「しがらみのない政治」。
その中で、日本企業の衰退について述べていました。
90年代は時価総額において世界のトップ10に日本企業が数多く食い込んでいたのですが、現在は跡形もなくトヨタの44位が最高という低迷ぶりで、この状況を変えて行きたいと話していました。

ということは・・

金融・経済政策については安倍政権と大きな違いはないと解釈して良いのでしょうか。
この際、金融・経済政策については、アベノミクスを支持し、自民党と連携する道を取ってほしいと思います。

個人的に「希望の党」を否定するつもりはないのですが、金融・経済政策が特に心配です。おそらく、海外の投資家もこの点を気にしているはずです。
この後、衆議院選挙を戦って「希望の党」の獲得議席予想が上がるに従い、日経平均が暴落するというのでは、何が「希望の党」だということになります。

自民党と連携するところはしっかり連携し、独自色を強めるところは強める。
このような方針で党の色を出して行けば、与党よりの票も獲得できるかも知れません。

午後になって、民進党と合流検討のニュースが出ていましたが、安易に合流すれば議席は減ることでしょう。

更新の励みになるのでクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ