日経平均12連騰。これまでの連騰記録は1961年の14連騰(2017/10/18)

本日の収支(保有株は時価ベース)
収支
10/18 -56,363円
10月計 +708,493円

本日の売買と保有銘柄

本日の売買

売買なし。

今日は朝から出かけていたため売買なし。

日経平均はなんと12連騰。

ただ、騰落銘柄数でみると全市場で下落銘柄が優勢であり、先物で支えられた上昇であることは間違いなさそうです。

日経平均が上げ続けるのはけっこうな事なのですが、どうせなら全市場で上昇してほしいところです。

保有銘柄は下落。

【保有銘柄】

(3758)アエリア 他2銘柄

日経先物(ミニ)売り建て

マクロ状況

<日経平均 日足>

<ドル円 日足>

<JASDAQ 日足>

<マザーズ 日足>

日経平均 21,363.05(+26.93 +0.13%

JASDAQ平均 3,617.97(-17.11 -0.47%

マザーズ指数 1,081.15(-4.51 -0.42% 

今日も日経平均は上昇して12連騰となりました。

騰落銘柄数は全市場で下落が優勢であり、市場参加者は選挙後の下落を見込んで利益確定売りや、空売りを入れているようです。

日経平均の上昇は先物を支えることで成り立っていると考えられます。

<市場別 騰落銘柄数>

上昇 下落 変わらず
1部 717 1,226 88
2部 168 277 59
JASDAQ 252 386 68
マザーズ 97 137 8
合計 1,234 2,026 223

現在の相場では、多くの市場参加者が選挙後に相場調整があると考えているように思います。

ただ、ちょっと裏読みすると、皆が相場調整があると考えている点が盲点となることがありそうです。

現在の相場上昇が選挙相場ではなくファンダ改善を見込んだ水準訂正によるものだとしたら、このまま選挙後まで上昇を続ける可能性もないとは言い切れません。

その場合は、空売りを踏み上げてのさらなる上昇相場が到来します。

記録は破られるためにある。

日経平均の連続上昇記録は、1960年12月21日~1961年1月11日の14連騰だそうです。

あまりに昔すぎて、管理人も生まれていない時代のものです。

ここまで来たら、新記録達成を見てみたいような気もしてきました。

新記録達成には、選挙後である10月23日(月)まで上昇を続ける必要があります。

日経平均先物は、20:30時点で21,410円とさらに上昇を続けています。

<東証1部の空売り比率>

(10/18)39.3%

10/17)37.4%

(10/16)36.3%

(10/13)39.9%

(10/12)37.3%

選挙後の下落を見込んで空売り比率は上昇しました。

更新の励みになるのでクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ