押し目かトレンド転換かの見分けが難しい局面(2017/11/10)

本日の収支(確定損益)
収支
11/10 -121,487円
11月計 -202,808円

※11月から時価ではなく、確定損益を記載しています。

本日の売買と保有銘柄

本日の売買

昨日今日の下落が押し目なのかトレンド転換なのか判断が難しいところですが、一旦、保有を減らして様子をみたほうがいいと判断して、好決算の1部市場のゲーセク銘柄を含め2銘柄を売却しました。

相場が安定すれば改めて買い直す予定です。

日経先物(ミニ)を売り建て。

含み益は減少。

【保有銘柄】

新興のサービス業1銘柄 他3銘柄

日経先物(ミニ)売り

マクロ状況

<日経平均 日足>

<ドル円 日足>

<JASDAQ 日足>

<マザーズ 日足>

日経平均 22,681.42(-187.29 -0.82%

JASDAQ平均 3,701.48(+6.22 +0.17%

マザーズ指数 1,143.67(+10.96 +0.97% 

大きな乱高下があった翌日にしては、今日は落ち着いた相場でした。

相場が荒れ気味とはいっても、昨日・今日の2日間の下げ幅は、わずか230円程度であり、これまでの上昇幅からみると数字上は問題ないように見えます。

日経平均EPSは1509.08円まで上昇しており、日経平均PERは15.03倍。

数字からはそれほど過熱しているとは思えませんが、日経平均の日足チャートをみると、昨日の長い上髭がどうしても気になります。

ドル円も、チャートからは114円台中盤に壁があるようにも思えます。

現在が上昇過程の押し目なのか、下げトレンドに転換したのか判断が難しいところです。

日経先物の動きからは、短期筋は売り崩しに来ていると考えられ、今後のアメリカ市場の動向などを冷静にみたいところです。

トランプがアジア外交を終えて帰国しましたので、減税法案の1年先送りの件について、どのように反応するか注目しています。

日経平均は、ここまで一本調子での上昇が続いていたため、アメリカ市場の状況によっては想定外に大きく崩れる可能性もあると考えられ、今の状況を甘く見ないほうがいいような気がしています。

<市場別 騰落銘柄数>

上昇 下落 変わらず
1部 596 1,357 81
2部 220 235 55
JASDAQ 316 325 67
マザーズ 151 89 5
合計 1,283 2,006 208

<東証1部の空売り比率>

11/10 41.8%

11/9 42.3%

11/8 38.9%

11/7 39.0%

11/6 38.7%

更新の励みになるのでクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ