日経平均乱高下も指数銘柄だけが物色される流れは改善傾向(2017/11/17)

本日の収支(確定損益)
収支
11/17 +152,268円
11月計 +256,799円

※11月から時価ではなく、確定損益を記載しています。

本日の売買と保有銘柄

本日の売買

迷った末に、昨日購入したアカツキを利確。

日足チャートから8,500円程度までは楽に上昇するだろうと考えていましたが、値動きが重いため一旦、手仕舞いました。

週明けの値動きによっては再度購入する予定です。

新興の思惑銘柄を1銘柄購入。

最近、思惑銘柄の動きが悪いですが、日経平均の上昇も落ち着き、そろそろ動き出すのではないかと考えています。

デイトレはトントン。

含み益は微増。

【保有銘柄】

新興のサービス業1銘柄 他5銘柄

マクロ状況

<日経平均 日足>

<ドル円 日足>

<JASDAQ 日足>

<マザーズ 日足>

日経平均 22,396.80(+45.68 +0.20%

JASDAQ平均 3,670.02(+23.79 +0.65%

マザーズ指数 1,132.88(+11.76 +1.05% 

日経平均は一時400円高まで上昇する場面がありましたが、10:30ごろから急落して後場にはマイナス圏まで沈む場面もありました。

ドル円の下落に引きずられたと考えられますが、あいかわらず値動きが安定しません。

ただ、今日は日経平均は乱高下しましたが、騰落銘柄数からもわかるとおり、全般的に堅調な銘柄が多かったように感じます。

昨日から感じていますが、10月のように指数銘柄だけが上昇して、他は上がらないというイヤな流れは改善されつつあるように感じます。

ここで、最近感じているネガティブな話を・・

それはドル円の動きです。

7月と同様に今月も114円台中盤で跳ね返されており、最近は下落基調で推移しています。

アメリカの長期金利も低下傾向にあり、現状、ドルを押し上げる材料はアメリカの減税法案の年内成立くらいしか見つからず先行きが心配です。

アメリカの減税法案は下院を通過したものの上院の審議はかなり難航する見通しであり、心配しすぎかも知れませんが、2015年と同様に12月のアメリカ利上げあたりを境にしてドル円下落 ー 株暴落 というリスクシナリオも警戒しておく必要があるかも知れません。

ドル円が急落すれば日経平均EPSも下方修正され、株高の根拠がなくなってしまいます。

ただ、目先はアメリカのクリスマス商戦が盛り上がりそうなので、今月一杯は株暴落の可能性は低いように思えますが・・

<日経平均VI>

日経平均VIが本日また20台に乗せてきており、動きが気になります。

日経平均の乱高下は、まだ続きそうです。

<市場別 騰落銘柄数>

上昇 下落 変わらず
1部 1,005 950 81
2部 299 166 44
JASDAQ 418 224 57
マザーズ 159 77 8
合計 1,881 1,417 190

<東証1部の空売り比率>

11/17 42.4%

11/16 42.7%

11/15 43.3%

11/14 41.0%

11/13 39.5%

更新の励みになるのでクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ