意外な大幅高、GPD上方修正のせい?(2017/12/8)

本日の収支(確定損益)
収支
12/8 +356,984円
12月計 -67,712円

※11月から時価ではなく、確定損益を記載しています。

本日の売買と保有銘柄

本日の売買

今日は好地合いを予想していたものの、金曜日ということもあり小幅高程度と考えていましたが、想定以上に強い相場でした。

2銘柄利確、保有中の1銘柄を買い増し。

デイトレはトレードワークスなどで8万円の勝ち。

保有銘柄は概ね上昇。

【保有銘柄】

新興のサービス業1銘柄 他7銘柄。

マクロ状況

<日経平均 日足>

<TOPIX 日足>

<ドル円 日足>

<JASDAQ 日足>

<マザーズ 日足>

日経平均 22,811.08(+313.05 +1.39%

TOPIX 1,803.73(+17.48 +0.98%)

JASDAQ平均 3,835.97(+16.85 +0.44%

マザーズ指数 1,169.32(+10.17 +0.88% 

今日は想定以上に強い相場でした。

SQ通過後は雇用統計警戒で弱含む可能性もあると予想していましたが、日経平均は終日じりじりと上昇を続ける非常に強い動きでした。

これだけ強かったのは、朝方に発表されたGDP改定値報道が原因だと考えています。

7-9GDP改定値 年換算2.5%増

速報値では年換算で1.4%増でしたので、大幅な上方修正でした。

海外の投資家のなかには、この報道で急遽買いに動いた筋もいるのではないかと思います。

ただ、GDPの算出方法に関しては、昨年の7-9から研究開発費が加算されているなど、今ひとつ不透明な部分もあるので、どこまでが本当の成長分であるのか怪しいのですが・・

まあ、GDPなんてそんなもので、国際連合が一応の算定基準を定めているものの、詳細な計算方法を公表している国はなく、もともと不透明な指数です。

中国なんて、上層部がエイヤーで決めて発表しているのではないかと考えています。

GDPの算出方法変更については、昨年こんな記事も書いていました。

GDP見直しで何がどうなる
GDP見直しで何がどうなる
GDPの算出方法が、12月に発表される2016年7-...

GDPの件はさておき、相場がまた勢いづいてきました。

今年の日経平均の高値は11月9日の23,382.15円だと今も考えていますが、今夜の雇用統計や来週のFOMC、再来週の日銀会合などのイベントの結果によっては、意外に高値更新の可能性もあるような気がしてきました。

<市場別 騰落銘柄数>

上昇 下落 変わらず
1部 1,405 543 99
2部 254 194 55
JASDAQ 369 262 76
マザーズ 147 86 9
合計 2,175 1,085 239

<東証1部の空売り比率>

12/8 37.0%

12/7 39.9%

12/6 42.8%

12/5 39.5%

12/4 41.5%

12/1 38.0%

空売り比率が急低下しています。

何かあると、また売り仕掛けしてくるんだろうなあ。

更新の励みになるのでクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ

コメント

  1. きゃばりあ より:

    お疲れ様です。
    わたしも波にうまくのれてます。
    上昇相場のうちにたくさん稼がないといけませんね。

    • whitegold より:

      賛成。
      遅くともオリンピックの前年くらいにはピークがきそうなので、稼ぎやすい相場のうちに、たくさん稼ぎましょう。