物色される銘柄とされない銘柄の明暗くっきり(2017/12/20)

本日の収支(確定損益)
収支
12/20 -64,606円
12月計 +802,259円

※11月から時価ではなく、確定損益を記載しています。

本日の売買と保有銘柄

本日の売買

昨日購入した直近IPO銘柄を損切り。

昨日売却した建設株が安くなったので再購入。

デイトレは、(7779)サイバーダインなどでプラスも、昨日購入した直近IPO銘柄の損失が大きく確定損益はマイナス。

保有株は高安まちまち。

サインポストが昨日のSCSKとの提携話で再び動き出しました。

JR東日本に続いて、住友商事系を抑えたのは非常に大きい。

IPO銘柄には珍しく、直ぐに業績に直結するAIレジという材料を持っているだけに今後も楽しみです。

【保有銘柄】

1部の情報通信業 2銘柄

1部のサービス業 1銘柄

1部の機械業 1銘柄

1部の建設業 1銘柄

2部の証券業 1銘柄

新興の情報通信業 1銘柄

マクロ状況

<日経平均 日足>

<TOPIX 日足>

<ドル円 日足>

<JASDAQ 日足>

<マザーズ 日足>

日経平均 22,891.72(+23.72 +0.10%

TOPIX 1,821.16(+5.98 +0.33%)

JASDAQ平均 3,894.08(+5.50 +0.14%

マザーズ指数 1,202.99(+6.90 +0.58% 

日経平均は小幅に上昇。

全般的にもみ合いの展開となりました。

材料難の時期だけに特定の銘柄が物色される傾向が強く、上昇する銘柄と下落する銘柄が、わりとハッキリわかれているようです。

マザーズ市場を例にとると、指数は上げているにもかかわらず、騰落銘柄数では上昇77に対して下落155と圧倒的に下落銘柄が目立っています。

明日の日銀金融政策決定会合も、恐らくノーサプライズでしょうし、物色が特定の銘柄に偏るという展開はまだ続きそうです。

<市場別 騰落銘柄数>

上昇 下落 変わらず
1部 1,124 837 97
2部 198 236 71
JASDAQ 274 382 62
マザーズ 77 155 15
合計 1,673 1,610 245

<東証1部の空売り比率>

12/20 34.2%

12/19 35.2%

12/18 35.5%

12/15 39.4%

12/14 36.9%

空売り比率が35%を割ってきました。

35%を割るというのは久しく見ていないので、何となく不気味です。

更新の励みになるのでクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ

コメント

  1. オギ より:

    サインポスト 後半に1400あたりからグッとキマシタね。
    私もいい思いをしました。デイトレですけど。

  2. whitegold より:

    サインポストは、AIレジの販売が始まったら、まだまだ買われそうです。
    ただ、ボラが大きめなのでデイトレやスイング交えて、うまくやりたいところです。