1.きっかけ

a0006_000059_m
30歳くらいの時だったでしょうか。

大学を卒業して就職してから7~8年ほどたち、仕事のやりがいも程々にありましたが、漠然とした不安や物足りなさを感じていました。

毎日、朝早くから夜遅くまで、時には休日も仕事をしていて、このまま定年まで働いてゆくのか、自分の人生は本当にそれでいいのかという疑問を持ちはじめていました。

この時は、まだはっきりと早期退職を目指すことを決めたわけではありませんでしたが、この先、もしお金が貯まったら、早めにゆっくりして人生を見つめ直したい、人生を楽しみたいと漠然と考えるようになりました。

あくまでも漠然とした想いです。

⇒ 2.生活を見直して貯金を始める