2.生活を見直して貯金を始める

a0001_000130_m
30歳くらいまでは、収入をほとんど使ってしまう浪費生活を送っており、貯金はあまりない状態でした。

まずは、生活を見直して計画的に貯金を始めました。

生活を見直してみると、いかに無駄にお金を使っていたかに気づくことができました。

毎月の生活費を、月初めに決めて、必ずその中で生活するようにしました。

計画的に貯金するコツは、以下のとおりです。

①月ごとに無理のない生活費の計画を立てること。

②計画を立てたら必ず守ること。

③毎月、前月のことを振り返ること。(無駄な出費などの反省点を翌月以降に生かす)

④冠婚葬祭などの予見できない支出に備えて予備費を別口座でもつこと。

⑤ボーナス月などの収入が多い月ほど節約すること。(収入額と支出額に連動性をもたせない癖をつけること。人間は、収入が多い月は、ついつい無駄使いしてしまうものです。)

⑥ローンは組まないこと。(買うなら貯めてから一括で)

⑦決してケチにならないこと。(必要なことには使い、無駄なことには使わないこと)

自分の場合は、これに加えて、車を手放しました。

今になって思えば、この時に車を手放したことが、今の資産につながっていると思います。なにせ、車はお金がかかりましたから。

日々、残業が多い職場で収入はそこそこありましたので、貯金すると決めてからは、順調に貯金が増えてゆきました。

⇒ 3.株式による運用を始める