タイムリー銘柄診断(3649)ファインデックス

診断銘柄 (3649)ファインデックス 

(2016.11.1 1:00 記載)

ファインデックスは、10/27に医療機関の建て替えに合わせたシステム導入時期の変更(期ずれ)などの理由により、2016年12月期の決算予想を大幅に下方修正しました。

<2016年12月期業績予想(単位:百万円)>

修正前 修正後 増減率
売上高 4,050 3,240 -20.0%
営業利益 1,200 675 -43.8%
経常利益 1,200 675 -43.8%
純利益 800 450 -43.8%

会社発表の業績下方修正の理由(原文のまま)

平成28年12月期の売上高は、医療分野のうち非放射線領域にあっては、第4四半期に想定していた案件におい て、医療機関の建て替えに合わせたシステム導入時期の変更や、予算分配などの院内事情により延期となったケ ースがあり、当初見込んでいたもののうち473百万円が翌期の導入となりました。また、他社電子カルテ等他シ ステムとのセット商談が落札に至れなかったものも176百万円ありましたが、上記要因のほとんどは翌期以降の 当社の業容を懸念させるものではなく、当社製品は医療機関から引き続き高い評価を得ております。 放射線領域ではシステム更新サイクルの長期化などのマーケット環境の変化により年初予算を155百万円下回 る想定となりました。また、代理店については、販売・新規代理店の獲得など堅調に進捗いたしました。 非医療分野では、当期は安価であってもモデルケースを作ることに専念し、一定の成果を得ることができまし た。同分野での取り組みは翌期以降の売上高に大きく寄与するものと考えております。 利益については、各費用が予算内で運用されており特記すべき事項はありませんが、減収の影響により 業績予想を下回る想定となりました。 以上のような状況により、売上高、利益ともに前期実績をやや上回る見込みではありますが、上表の通り業績 予想を修正いたします。



株価推移

<1年間の日足>

2016y11m01d_000202802

【直近の株価推移】

ファインデックスは、2016年8月4日に自社株買いを発表しています。

・取得する株式の総数:150,000株(発行済株式の0.58%)

・取得期間:2016年8月5日 ~ 2016年12月31日

自社株買い発表直前の8月4日の終値は1,041円でしたが、自社株買い発表もあり上昇に転じます。

ちなみに、8月4日の日経平均の終値は、16,254円であり、市場は今後の日本株市場に不透明感を抱いていた時期でした。

その後、9月13日に自社株買い終了のIRが出ます。

取得予定期間に、2016年8月5日~2016年12月31日の5カ月弱を設定していたにもかかわらず、1カ月強で取得を終了していることから、市場では業績が上振れるのではないかとの憶測が広がったと思われます。

(安いうちに、会社が自社株を取得したと推論した可能性があります。)

その後、株価は9月28日に1,676円まで上昇し、それ以降は利益確定売りもあり、10/27の業績下方修正直前の株価は、1,362円でした。

よって、8月4日の自社株買い発表前の株価である1,041円が、ひとつのポイントとなりそうです。

10/27に業績下方修正を発表した後の株価推移は、以下のとおりです。

・10/27 1,362円

・10/28 1,074円(ストップ安)

・10/31 991円

今後の株価予想

<3年間の週足>

2016y11m01d_000212581

上図は、ファインデックスの3年間の週足チャートですが、750円付近が下値となっています。

ここ3年間の業績は以下のとおりです。

<ファインデックス 業績(単位:百万円)>

2014 2015 2016予
売上高 2863 2951 3240
営業利益 992 670 675
経常利益 1008 671 675
純利益 630 441 450

経常ベースでみた場合、昨年2015年12月期(671百万円)が今回の下方修正値とほぼ同等となりますので、最悪のケースを想定して、今後、株価がどんなに下落したとしても750円以下になることはなさそうです。

結論

今回の業績下方修正の主因が、売り上げの期ずれによるもので、今後の成長性に変化がないのであれば、8月4日の終値である1,041円以下は明らかに売られ過ぎであると考えます。

思わぬ事象が発生して、マクロ悪化が進んだ場合でも、750円が下値。

よって、10/31終値である、991円は売られ過ぎの水準であり、ここから、さらに下落するようであれば、750円を最悪の下値と考えながら難平買いしても問題ないと考えています。

もちろん、今後の成長予測に変化がないことが前提です。

ブログランキングに参加しています。
更新の励みになるので投票お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

  1. ごんざれす より:

    ごんざれすです。こんばんは。
    急に寒くなりました。。

    ほぼ毎日拝読しております。相場観や見通しなど非常に参考になる記事ばかりで
    勉強になります。そして今回のように個別銘柄の見通しや難平買い水準なども
    非常に参考になります。

    私は会社員のため、ゆっくり株価チェックができる状態にありませんが、
    セミリタイヤのためにも利益を出せる筋肉質な思考回路を身に着けていきたいと
    考えています。また来ます。

    • whitegold より:

      ごんざれすさん。こんばんは。

      キラクです。

      本当に寒くなりましたね。
      最近は日が暮れるのも早くなり、冬が近づいてきました。
      寒いのは苦手なので、気が重いです。

      ファインデックスですが、成長見通しに変化がないのであれば、現状は空売り機関に狙われているだけで、株価はそのうち回復するとみています。
      最近の日中の動きは、寄りは窓を開けずに寄り付かせて、その後は上値を空売りで抑えながら、保有者の投げを誘ってダラダラ下げさせる、アルゴ特有の値動きをしています。
      このようなケースでは、機関は大量の売り玉を抱えているはずなので、そのうち、どこかで大きく上昇する日が来ると思っています。
      それが明日なのか、一週間後なのかはわかりませんが。

      恐いのは、隠れた悪材料がある場合ですが・・