収支検証(2018年1月)

a0002_011007_m

2018年1月の収支を検証しました。

・1月収支 +1,254,800円

日別収支

収支分析

1月は地合いが良好であったせいもあり、まずまずの月でした。

特に大きく儲かった銘柄はなく、スイングでコツコツと稼いだ印象です。

中期保有している銘柄の含み益も増えて、順調な月でした。

どの銘柄で儲けたのだろうかと約定履歴を調べたところ、

・レカムのリバウンド +30万

・ANAP +25万

が目立つ程度でした。

何となく緩慢な相場が続いており、ダウの急激な上昇への疑問も忘れかけていた月でした。

間もなく、暴落相場が訪れるとは夢にもよらず・・

次月に向けて

だらだらとした緩慢な相場が続いた後に、2月5日からの2日間で日経平均が最大2,156円暴落・・

まさに突然の暴落でした。

この記事を書いているのは2月7日であり、次月に向けてというよりは、2月8日以降に向けての方針を書いています。

現在は、まだ予断を許さない状況にあり、投資家のセンチメントは最悪な状態だと思います。

では、今の株価水準って高いのか安いのか。

現時点(2月7日終値)の日経平均は21,645円であり、日経平均PERは13.59倍。

※3月決算企業の第三四半期決算発表中であり、日経平均EPSが上昇中

<日経平均EPS>

2/2 1541.36円

2/5 1567.52円

2/6 1564.83円

2/7 1592.74円

今日だけで30円近く上昇している。もうすぐ1,600円に乗せようかという勢いです。

来期の企業業績も増益の見込みであることを考えると、明らかに割安な水準です。

VIX指数の上昇により、機関投資家の自動売買システムの狂ったアルゴが、世界の株価指数を激しく上下に揺さぶっているため、今後も一時的に下押す場面がある可能性があるものの、中期で見れば今は「買い」です。

今後、VIX指数が低下すれば、欧米市場の懸念は残るものの、日経平均は上昇に向かうと考えています。

【2月の戦略】

投資スタンス 攻め
リスク許容度
投資資金 中~大

更新の励みになるのでクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ