日経平均は重要な節目である23,000円水準に接近(2018/1/31)

本日の収支(確定損益)
収支
1/31 0円
1月計 +1,254,800円

※確定損益を記載しています。

本日の売買と保有銘柄

本日の売買

ここ1か月程度監視していた2銘柄が、買える位置まで下げてきたため購入。

保有銘柄を2銘柄買い増し。

相場はまだ下げ止まりませんが、そろそろではないかと考えています。

保有株は高安まちまちも、含み益は減少。

【保有銘柄】

(中期目線)

1部の電気機器 1銘柄

1部の機械業 1銘柄

2部の証券業 1銘柄

新興の情報通信業 1銘柄

1部のサービス業 1銘柄

(短期目線)

2部の金属製品 1銘柄

新興の情報通信業 2銘柄

新興の電気機器 1銘柄

新興のサービス業 2銘柄

広告

マクロ状況

<日経平均 日足>

<TOPIX 日足>

<ドル円 日足>

<JASDAQ 日足>

<マザーズ 日足>

日経平均 23,098.29(-193.68 -0.83%

TOPIX 1,836.71(-21.42 -1.15%)

JASDAQ平均 4,239.85(-12.51 -0.29%)

マザーズ指数 1,313.38(-5.54 -0.42% 

日経平均は続落。

14:00頃まではプラス圏で推移していましたが、先物に大量の売りが入り、ラスト1時間で250円ほど急落して引けました。

欧州または中東に、まだ下げたりない短期筋がいるようです。

ただ、重要な節目である23,000円に接近したことで、そろそろ反発が期待されます。

この23,000円というラインですが、50日移動平均線のサポートラインであると同時に、昨年11月~12月の高値水準であり、また今年の上昇分をすべて打ち消す水準でもあります。

今日、この水準を試したことで、ここで一旦下げ止まる可能性が高いのではないかと考えています。

20時時点で日経先物は100円高程度で推移しており、今夜の欧米市場の状況によっては、明日の反発へ期待が高まります。

ただ、週末にアメリカの雇用統計を控えており、結果しだいでドル円が動く可能性があるため、来週週明けの動きを確認するまでは安心できません。

<日経VI>

日経VIは17.97。

昨日からやや上昇しています。

<市場別 騰落銘柄数>

上昇 下落 変わらず
1部 388 1,619 56
2部 172 294 43
JASDAQ 247 416 62
マザーズ 99 138 6
合計 906 2,467 167

<東証1部の空売り比率>

1/31 42.5%

1/30 44.2%

1/29 40.2%

1/26 41.0%

1/25 41.3%

更新の励みになるのでクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ