アメリカ株の動向には注意が必要も、日本株は買い場(2018/2/9)

本日の収支(確定損益)
収支
2/9 0円
2月計 -596,402円

※確定損益を記載しています。

本日の売買と保有銘柄

本日の売買

保有銘柄のうち、下げ幅の大きい銘柄を3銘柄買い増し。

更に下げるようであれば、これからも淡々と買ってゆきます。

売却はなし。

保有銘柄は軟調。

【保有銘柄】

(中期目線)

1部の機械業 1銘柄

2部の証券業 1銘柄

新興の情報通信業 1銘柄

1部のサービス業 1銘柄

1部の卸売業 1銘柄

新興のサービス業 1銘柄

(短期目線)

リバ取り銘柄 2銘柄

広告

マクロ状況

<日経平均 日足>

<TOPIX 日足>

<ドル円 日足>

<JASDAQ 日足>

<マザーズ 日足>

日経平均 21,382.62(-508.24 -2.32%

TOPIX 1,731.97(-33.72 -1.91%)

JASDAQ平均 3,931.55(-52.20 -1.31%)

マザーズ指数 1,191.73(-21.20 -1.75% 

日経平均は大幅下落。

昨夜のアメリカ市場の暴落を受けて急落しました。

まだ、データが出ていませんが、恐らく日経平均PERは13倍程度まで低下していると考えられます。

過去のデータからは、この辺が下限レベルです。

ただ、日本株はアメリカ市場の影響を受けるので、ここからの更なるオーバーシュートについても警戒すべきです。

現在のダウの平均PERは16倍程度まで低下しており、割高感は薄れつつありますが、ここまで下げると需給整理には、しばらく時間がかかるかも知れません。

中期的に見て絶好の買い場が到来していることは間違いないため、今後も下げたところは淡々と拾ってゆく予定です。

最近の世界同時株安の原因は、結局のところ、膨張し過ぎた株式投資資金が、アメリカの長期金利の高騰をキッカケに弾けたものではないかと考えています。

一種のバブル崩壊に似たものでしょう。

ただ、仮想通貨バブルの崩壊とは異なり、株式の場合は経済指標などの裏付けがあるため、いずれ落ち着きを取り戻すと考えています。

今日は、急遽、株仲間との飲み会を行うことになり、これから出かけるため、まだ発表されていない空売り比率などの記載は省略します。

更新の励みになるのでクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ