日経平均続伸も売りを仕掛けやすいタイミング(2018/6/13)

本日の収支(確定損益)
収支
6/13 +176,424円
6月計 +315,116円

※確定損益を記載しています。

本日の売買と保有銘柄

本日の売買

2銘柄売却。

デイトレで6万の負け。

FOMCを前に、短期目線の2銘柄を売却しました。今月は無理をしません。

(3475)グッドコムアセットは、先週金曜日のザラバ中の上方修正で購入した銘柄ですが、昨日の決算通過で概ね上方修正を織り込んだとみて利確。

(8698)マネックスは昨日購入した銘柄ですが、現状は大口の短期鞘抜きに利用されているだけに感じたため損切り。

デイトレは、東芝、ラクオリアで6万円の負け。

それにしても、今日の任天堂の急落には驚きました。

昨日持ち越さなかったのは、昨日寄り後の急落や、その後のリバなどの値動きに、クセのある短期筋の気配を感じたためですが、持ち越さずに助かりました。

保有株は高安まちまち。

【保有銘柄】

(中期目線)

新興の情報通信業 1銘柄

1部のサービス業 1銘柄

新興の電気機器 1銘柄

新興の小売業 1銘柄

新興のサービス業 1銘柄

(短期目線)

なし。

広告

マクロ状況

<日経平均 日足>

<TOPIX 日足>

<ドル円 日足>

<JASDAQ平均 日足>

<マザーズ指数 日足>

日経平均 22,966.38(+88.03 +0.38%)

TOPIX 1,800.37 (+7.55 +0.42%)

JASDAQ平均 3,986.03(+12.77 +0.32%)

マザーズ指数 1,153.62(+5.55 +0.48%) 

本日も、日経平均、新興指数ともに上昇。

ドル円が上昇基調にあることで、株式相場も続伸となりました。

一見、良い流れに感じますが、日経平均、ドル円ともに前回高値付近まで戻しており、売り方にとっては空売りを仕掛けやすいタイミングに差し掛かっています。

ここから下落に転じるとダブルトップ形成で嫌なチャート形状となるため、売り方はFOMC通過で仕掛けてくるような気がしています。

FOMC後の為替の動きに注目です。

アメリカの利上げは確実ですが、事前に利上げを織り込んで上昇していただけに、利上げ決定で出尽くしとなり下落に転じるパターンがよくあります。

何事もなく、ドル円が111円を超えて上昇してくれるといいのですが、何となく嫌な予感がしています。

<日経VI>

日経VIは、14.55

<市場別 騰落銘柄数>

1部市場の上昇が目立ちます。

<東証1部の空売り比率>

5/21 38.5%
5/22 40.6%
5/23
 41.9%
5/24 42.8%
5/25 
42.2%
5/28 43.6%
5/29 44.0%
5/30 44.2%
5/31 37.0%
6/1 41.6%
6/4 39.2%
6/5 39.4%
6/6 40.3%
6/7 
37.8%
6/8 40.3%
6/11 
39.8%
6/12 40.2%
6/13 39.6%

<騰落レシオ(25日)>

5/21 125.26
5/22 124.53
5/23 119.06
5/24 112.04
5/25 
112.90
5/28 105.53
5/29 99.98
5/30 94.24
5/31 96.08
6/1 92.51
6/4 97.25
6/5 94.34
6/6 94.24
6/7 
99.96
6/8 96.90
6/11 
96.70
6/12 94.88
6/13 99.01

更新の励みになるのでクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ