指数プレイなどの特定銘柄以外は厳しい展開が続く(2018/8/7)

本日の収支(確定損益)

収支
8/7 0円
8月計 +25,672円

※確定損益を記載しています。

本日の売買と保有銘柄

本日の売買

売買なし。

売買したい衝動を抑えて、今日はノートレ。

昨日、今日の決算勝負で購入した(3254)プレサンスコーポレーションは、良い決算でした。

保有株は高安まちまち。

【保有銘柄】

(中期目線)

2部の情報通信業 1銘柄

1部のサービス業 1銘柄

新興のサービス業 1銘柄

(短期目線)

1部の不動産業 1銘柄

広告

マクロ状況

<日経平均 日足>

<TOPIX 日足>

<ドル円 日足>

<JASDAQ平均 日足>

<マザーズ指数 日足>

日経平均 22,662.74(+155.42 +0.69%)

TOPIX 1,746.05 (+13.15 +0.76%)

JASDAQ平均 3,746.87(-20.80 -0.55%)

マザーズ指数 1,009.96(+3.15 +0.31%)

上海市場が上昇したことなどで、日経平均、TOPIXは上昇。

新興市場は、JASDAQ平均は下げたものの、マザーズ指数は上げました。

ただ、騰落銘柄数を見ると、東証1部以外は下落銘柄のほうが多く、依然としてダメダメな地合いが続いている印象です。

JASDAQ平均は10日連続の日中陰線。マザーズ指数は1000pt割れ寸前で何とか踏みとどまっている状況です。

夏枯れなどで買いが入らない相場は、これから本格化しそうであり、個人投資家にとっては不利な戦いを強いられる期間です。

これから暫くは、ほとんどの銘柄を売り建てできる機関投資家の収穫シーズンです。

<日経VI>

日経VIは、14.60

<市場別 騰落銘柄数>

1部以外は下落優勢。

<東証1部の空売り比率>

7/20 46.7%
7/23 45.7%
7/24 
42.1%
7/25 40.4%
7/26 
40.4%
7/27 39.6%
7/30 43.6%
7/31 44.4%
8/1 40.7%
8/2 43.2%
8/3 43.8%
8/6 45.2%
8/7 41.2%

<騰落レシオ(25日)>

7/20 83.09
7/23 83.94
7/24 
90.48
7/25 98.49
7/26 
101.92
7/27 107.57
7/30 106.47
7/31 109.10
8/1 108.43
8/2 102.56
8/3 100.12
8/6 95.18
8/7 105.22

更新の励みになるのでクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ