ゲーム株等の小型株上昇で個人投資家のセンチメントは改善(2018/8/24)

本日の収支(確定損益)

収支
8/24 +272,919円
8月計 +609,201円

※確定損益を記載しています。

本日の売買と保有銘柄

本日の売買

今日は久しぶりに、一日中好地合いでした。

小型株の出直りが鮮明になってきたため、直近IPOで最近暴落した銘柄など2銘柄新規購入。

デイトレは(6033)エクストリームの勢いに乗り27万円の勝ち。一部持ち越し。

保有株は概ね上昇。

【保有銘柄】

(中期目線)

2部の情報通信業 1銘柄

1部のサービス業 1銘柄

新興のサービス業 1銘柄

1部の電気機器 1銘柄

(短期目線)

新興のサービス業 2銘柄

新興の情報通信業 2銘柄

1部の証券業 1銘柄

新興の小売業 1銘柄

広告

マクロ状況

<日経平均 日足>

<TOPIX 日足>

<ドル円 日足>

<JASDAQ平均 日足>

<マザーズ指数 日足>

日経平均 22,601.77(+190.95 +0.85%)

TOPIX 1,709.20 (+10.98 +0.65%)

JASDAQ平均 3,742.90(+15.68 +0.42%)

マザーズ指数 994.60(+18.07 +1.85%)

今日は全市場が上昇。

昨夜のアメリカ市場が下落したことと、週末を控えた金曜日ということで、管理人の朝の時点の予想はやや警戒モードでしたが、寄りから大引けまで、終日、堅調に推移しました。

新興指数が反転上昇に転じたことで、空売りの買い戻しや、これまで様子を見ていた投資家の参入が始ったようです。

エクストリーム、オルトプラスがストップ高となり、ゲーム株が強い動きでした。

ゲーム株が息を吹き返したことで、これらを多く保有する個人投資家の投資収益が改善し、今後は回転売買により、小型株を中心に市場全体を押し上げるのではないでしょうか。

やや気がかりなのはアメリカ市場。

昨夜は米中貿易戦争を警戒して3指数とも下落しており、今夜のジャクソンホール会合後の動きが気になります。

トランプが何も発言しなければ、無難に通過しそうなのですが・・

<日経VI>

日経VIは、14.55

<市場別 騰落銘柄数>

全市場で値上がり優勢。

<東証1部の空売り比率>

7/20 46.7%
7/23 45.7%
7/24 
42.1%
7/25 40.4%
7/26 
40.4%
7/27 39.6%
7/30 43.6%
7/31 44.4%
8/1 40.7%
8/2 43.2%
8/3 43.8%
8/6 45.2%
8/7 41.2%
8/8 42.8%
8/9 
42.5%
8/10 46.6%
8/13 48.5%
8/14 
43.5%
8/15 45.4%
8/16 45.3%
8/17 42.8%
8/20 45.5%
8/21 42.9%
8/22 42.3%
8/23 41.5%
8/24 41.4%

<騰落レシオ(25日)>

7/20 83.09
7/23 83.94
7/24 
90.48
7/25 98.49
7/26 
101.92
7/27 107.57
7/30 106.47
7/31 109.10
8/1 108.43
8/2 102.56
8/3 100.12
8/6 95.18
8/7 105.22
8/8 109.94
8/9
 109.08
8/10 111.93
8/13 99.35
8/14 
100.42
8/15 96.40
8/16 95.54
8/17 97.88
8/20 89.95
8/21 83.11
8/22 83.85
8/23 86.49
8/24 92.34

更新の励みになるのでクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ