トランプ砲炸裂で軟調展開(2018/9/7)

本日の収支(確定損益)
収支
9/7 0円
9月計 -105,119円

※確定損益を記載しています。

本日の売買と保有銘柄

本日の売買

1銘柄新規購入。

昨日の北海道地震で急落した某銘柄を購入。

急落の原因が北海道地震によるものである場合は、株価は日柄調整を経て戻るため利益が出る可能性が高く狙い目です。

デイトレはなし。

TATERUを監視していましたが、安定操作に入ったようで乱高下せず見送り。

保有株は高安まちまち。

【保有銘柄】

(中期目線)

2部の情報通信業 1銘柄

1部のサービス業 1銘柄

新興のサービス業 1銘柄

1部の電気機器 1銘柄

(短期目線)

新興の証券業 1銘柄

1部の証券業 1銘柄

1部の化学 1銘柄

1部の食料品 1銘柄

広告

マクロ状況

<日経平均 日足>

<TOPIX 日足>

<ドル円 日足>

<JASDAQ平均 日足>

<マザーズ指数 日足>

日経平均 22,307.06(-180.88 -0.80%)

TOPIX 1,684.31(-8.10 -0.48%)

JASDAQ平均 3,733.61(-15.11 -0.40%)

マザーズ指数 1,008.62(-1.33 -0.13%)

トランプ砲炸裂。

昨夜、トランプが対日赤字を問題視しているとの報道が伝わり、今日の相場は朝から軟調な展開。

北海道地震や、昨夜のアメリカ市場で半導体関連銘柄が急落したことも、投資家のセンチメントに影響したようです。

ただ、トランプ砲に市場が慣れているせいか、後場には下値買いも入っていたようです。

今夜の雇用統計の結果にもよりますが、アメリカ市場が大崩れしないのであれば、来週は底固めから反転上昇の展開が期待できるのではないかと考えています。

今日は久しぶりに投資家仲間の集まりがあります。

年数回開催しているのですが、今回は箱根で1泊2日での開催。

現役のファンマネも参加するため、プロの意見を聞いてきます。

これからすぐに出かけるため、空売り比率などはまだ発表されておらず記載を省略します。

<日経VI>

日経VIは、17.17

<市場別 騰落銘柄数>


全市場で下落優勢。

<東証1部の空売り比率>

8/1 40.7%
8/2 43.2%
8/3 43.8%
8/6 45.2%
8/7 41.2%
8/8 42.8%
8/9 
42.5%
8/10 46.6%
8/13 48.5%
8/14 
43.5%
8/15 45.4%
8/16 45.3%
8/17 42.8%
8/20 45.5%
8/21 42.9%
8/22 42.3%
8/23 41.5%
8/24 
41.4%
8/27 41.2%
8/28 42.0%
8/29 41.5%
8/30 43.9%
8/31 
43.4%
9/3 45.6%
9/4 
45.5%
9/5 46.3%
9/6 44.5%
9/7 間に合わず

<騰落レシオ(25日)>

8/1 108.43
8/2 102.56
8/3 100.12
8/6 95.18
8/7 105.22
8/8 109.94
8/9
 109.08
8/10 111.93
8/13 99.35
8/14 
100.42
8/15 96.40
8/16 95.54
8/17 97.88
8/20 89.95
8/21 83.11
8/22 83.85
8/23 86.49
8/24 
92.34
8/27 98.84
8/28 95.60
8/29 96.82
8/30 92.70
8/31 
88.08
9/3 88.64
9/4 
86.30
9/5 83.42
9/6 83.31
9/7 間に合わず

更新の励みになるのでクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ