早期退職して良かったこと悪かったこと

a0960_003898_m

早期退職して10カ月が過ぎ、ゆるい生活リズムにもすっかり慣れた今日この頃ですが、普段の生活で良かったと感じることと、悪いと感じることを記事にしてみます。

良かったと感じること

(1位)朝、ゆっくりできること

管理人は、これが一番ありがたく感じます。

在職中は、毎日6時30分に起床して、慌ただしく身支度して朝食を食べ、駅まで早歩きで行き、満員電車に揺られて1時間かけて通勤していました。

今思い返すと、よく30年近くも毎日続けたものだと感心しています。

(2位)ストレスがないこと

まさしくストレスフリーな状態です。

在職中は、毎日なんやかんや、○○はどうするか、□□は非常にまずい、何で△△が起こるんだ など、常に厳しいストレスに晒されていました。

今は、これらから解放されて快適です。

(3位)時間を好きに使える

毎日、時間を好きに使うことができます。

時間を自由に使うことができるのは、何よりの贅沢であると思います。

株取引、株の調査、旅行、趣味、読書、ウォーキング、ぐうたら過ごす・・・ など、制限なく自由に時間を使うことができます。

悪いと感じること

(1位)ストレスが何もないこと

良かったことの裏返しになりますが、あまりにもストレスがないので、生活のメリハリがありません。

人間、ストレスがなさ過ぎるとボケやすいらしいので、気をつけようと思います。

株取引では、多少のストレスを受けています。

(2位)時間があまる

これも、良かったことの裏返しですが、あまりにも時間があるので、持て余すときがあります。

在職中の時から考えると、贅沢な悩みです。

新しい趣味を始めようと検討中です。

(3位)将来のお金

当面は蓄えがあるので問題ないのですが、この先、数年~数十年後を考えた場合、お金のことが多少心配です。

株で増えれば問題ないですが、減る可能性もありますし・・

その時は、また働けばいいのですけど。

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ