投資と投機の違い

a0990_000082_m

株式への投資と投機の違いについて、世間でいろいろ語られています。

両方とも、株式を通して利益を狙う行為ですが、違いはどう解釈すればよいのでしょうか。

世間一般で言われている、投資と投機の違いは、およそ次のようなものです。

投資期間から考えると、投資は中長期間、投機は短期間。

収益源で考えると、投資はインカムゲイン主体、投機はキャピタルゲイン主体。

収益性で考えると、投資はローリスクローリタン、投機はハイリスクハイリターン。

行為の善悪で考えると、投資は正しい資産形成行為、投機はイチかバチかのギャンブルで身を滅ぼしかねない行為。

一般的に、投資は良いもので、投機は悪いものと解釈されているようです。

管理人も、おおよそ同じように理解していたのですが、昨年読んだ「勝つ投資 負けない投資」という本の中で、投資と投機の違いについての分かりやすい記載がありました。

投資は、「価値」にお金を投じるもの。

投機は、「確率」にお金を投じるもの。

【送料無料】 勝つ投資 負けない投資 / 片山晃 【単行本】

価格:1,598円
(2016/10/8 13:55時点)
感想(0件)

これを読んで、管理人は非常にわかりやすい説明だと思いました。

投資とは、企業の「価値」に着目して、その成長性に賭けるものであり、投機とは目先の株価変動の「確率」に着目して値幅どりに賭けるものという事でしょう。

管理人の投資手法に当てはめると、中長期口座での売買は投資、短期用口座での売買は投機ということになるのでしょう。

うーん。

ただ、現在のような先行き不透明な相場環境では、投機 のほうが 投資 よりも安全のような気がしないでもないです。

投機が「確率」にお金を投じるものであるのなら、回収期待値が100%を超えるものにだけお金を投じれば、最終的に確実に儲かることになります。

じゃあ、何が、回収期待値が100%を超えるものなのかと言われると、明確に答えられませんが・・・

ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ