退職後の資産管理

a0002_010998_m

退職後は、定期的な安定収入がなくなるため、資産管理を厳密に行う必要があります。

運用に回す資産と、守る資産を明確に分けて、安全を確保しながら資産運用を行ってゆきます。

資産の内訳

退職後は、資産を三分割にして管理しています。

①安全資産

②運用資産

③生活資金

①安全資産

元本保証型の定期預金などです。

現在金利は非常に低いので、増やすことを目的としない守りの資産です。

②運用資産

株式などの運用資産です。

証券口座に入金しているだけの資金(待機資金)も含みます。

③生活資金

1年間の生活資金です。1年間の支出は、すべてこの口座で賄います。毎年、年末に翌年1年分を一括で設定します。2016年分については1月の退職後に入金済です。

2016年当初の各資産の割合は、①:②:③ = 5:4:1 程度です。

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

①②③の各資産間の資金移動は、③の翌年分の生活費の設定を含めて、年末のみ行う予定です。

②の運用資産をうまく運用して、資産全体を少しづつでも大きくしてゆくことを目指します。

(2016/11/11追記)

上記には確定拠出年金で運用中の資産は含まれていません。

全体の資産は下記記事に記載しています。

記事:アセットアロケーションに債券を組み入れる必要性はあるか

更新の励みになるので投票お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ