森友問題で相場に暗雲(2018/3/12)

本日の収支(確定損益)
収支
3/12 -218,744円
3月計 -207,914円

※確定損益を記載しています。

本日の売買と保有銘柄

本日の売買

2銘柄新規購入。

1銘柄売り玉を買戻し。

デイトレで22万円の負け。

(6425)ユニバーサルエンターテインメントを買うも、損切りして22万円負け。

訴訟の和解金26億ドルにより大幅な上方修正があったため購入してみましたが、売りの圧力が強く損切りしました。

2600億円の和解金は大きいと思うのですが、織り込み済か材料出尽くしか、それとも他の悪材料のためかわかりませんが、下げ過ぎの気がします。

後場、ほぼ底値で買い直して持ち越し。

先週金曜日に新規売りした防衛関連銘柄を薄利で利益確定。

その他にスイング用に1銘柄新規購入。

保有株は概ね堅調。

【保有銘柄】

(中期目線)

2部の証券業 1銘柄

新興の情報通信業 1銘柄

1部のサービス業 2銘柄

新興のサービス業 1銘柄

新興の小売業 1銘柄

2部の金属製品 1銘柄

2部の情報通信 1銘柄

1部の精密機器 1銘柄

(短期目線)

新興の機械業  1銘柄

新興のサービス業 1銘柄

広告

マクロ状況

<日経平均 日足>

<TOPIX 日足>

<ドル円 日足>

<JASDAQ 日足>

<マザーズ 日足>

日経平均 21,824.03(+354.83 +1.65%

TOPIX 1,741.30(+25.82 +1.51%)

JASDAQ平均 4,074.12(+28.27 +0.70%)

マザーズ指数 1,209.30(-0.38 -0.03% 

日経平均は上昇したものの、森友問題を嫌気してか日中陰線となりました。

14時の麻生会見以降は戻し基調でしたが、ちょっと油断できない状況だと思います。

会見では否定していましたが、麻生氏が辞任に追い込まれるようなことになった場合は、また相場が一時的に急落する可能性もありそうです。

今後は、文書修正のタイミングが決済前なのか決済後なのかや、文書修正の指示系統がどうかによって展開が変わってきそうです。

それにしても、こういう時だけ色めき立つ野党議員にはウンザリです。

野党議員をもう少し減らしたほうがいいな。

国会の開催にも多額の費用がかかっているわけですから、早く本来の予算審議を行ってほしいものです。

それに、よくよく考えてみると文書偽造は確かに問題ですが、この件で私腹を肥やした議員や職員はいないのですから、悪質性をそれほど感じません。

少なくとも麻生氏が責任をとる問題ではない気がします。

テレビでウダウダ言っている野党議員も、叩けばホコリが出るはず。

この件が落ち着いたら、反撃がありそうな気がします。

<日経VI>

日経VIはやや低下して22.37。

<市場別 騰落銘柄数>

全市場で上昇が優勢。

<東証1部の空売り比率>

3/1 44.6%
3/2 48.8%
3/5 46.9%
3/6 43.1%
3/7 46.6%
3/8 46.6%
3/9 44.3%
3/12 42.8%

<騰落レシオ(25日)>

3/1 83.97
3/2 82.32
3/5 78.28
3/6 82.35
3/7 84.87
3/8 88.78
3/9 84.13
3/12 90.36

更新の励みになるのでクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ

コメント

  1. オギ より:

    そうですよね、この問題は第3者委員会に任せて、もっと重要なこと 北朝鮮 を討論して欲しい。

    そうすると野党は困る?