Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

空売りの買戻しの山場は終了。目先の方向性は明日夜のパウエルFRB新議長の議会証言しだい(2018/2/26)

本日の収支(確定損益)
収支
2/260円
2月計+438,132円

※確定損益を記載しています。

本日の売買と保有銘柄

本日の売買

今日は急用で朝から夕方まで出かけていたため売買なし。

下落時に仕込んだ株は、このまましばらく伸ばす予定です。

 

相場が出直り基調で、保有株は概ね堅調。

 

【保有銘柄】

(中期目線)

2部の証券業 1銘柄

新興の情報通信業 2銘柄

1部のサービス業 3銘柄

新興のサービス業 3銘柄

新興の小売業 1銘柄

2部の金属製品 1銘柄

1部の情報通信 1銘柄

(短期目線)

2部の情報通信 1銘柄

広告

マクロ状況

<日経平均 日足>

<TOPIX 日足>

<ドル円 日足>

<JASDAQ 日足>

<マザーズ 日足>

 

日経平均 22,153.63(+260.85 +1.19%

TOPIX 1,774.81(+14.28 +0.81%)

JASDAQ平均 4,123.21(+29.72 +0.73%)

マザーズ指数 1,237.71(+21.66 +1.78% 

 

日経平均は上昇。

日経VIが順調に低下して、相場の出直り基調が明確になってきました。

目先の注目は、明日夜に行われるパウエルFRB新議長の議会証言です。

当初予定より1日前倒しで実施されるだけに、マーケットを擁護する発言が出るのではないかと期待しています。

今日の空売り比率は、39.4%に低下。

ここ2営業日で7%近く急低下しているだけに、空売りの買戻しの山場は終了したとみて良さそうです。

ここから日経平均が大きく上がるには、海外投資家などの新規買いが必要であり、パウエルFRB議長の議会証言が失望を誘う内容になるようだと、戻り売りによって相場がもたつく可能性もありそうです。

ただ、個人投資家のセンチメントは良好であるため、日経平均が再度大きく調整する事態にならない限りは、新興市場に妙味がありそうです。

 

<日経平均EPS>

2/19 1680.52円
2/20 1677.51円
2/21 1686.17円
2/22 1683.69円
2/23 1682.77円
2/26 1702.82円

今日の日経平均PERは、13.01倍

おお、日経平均EPSが1700円台に乗せています。凄すぎる。

管理人が参照しているサイトの誤りでないといいのですが・・

 

<日経VI>

日経VIは20.72。順調に低下中。

 

<市場別 騰落銘柄数>

全市場で上昇が優勢。

 

<東証1部の空売り比率>

2/19 41.3%
2/20 44.4%
2/21 42.8%
2/22 46.2%
2/23 41.4%
2/26 39.4%

空売りの買戻しの山は過ぎた印象。

 

<騰落レシオ(25日)>

2/14 71.81
2/15 74.31
2/16 78.76
2/19 88.00
2/20 87.04
2/21 87.74
2/22 87.21
2/23 95.87
2/26 95.53

 

更新の励みになるのでクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ

コメント