Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

日経平均下落も、非常に底堅い動き(2018/3/14)

本日の収支(確定損益)
収支
3/13+86,232円
3月計-121,682円

※確定損益を記載しています。

本日の売買と保有銘柄

本日の売買

2銘柄新規購入。

1銘柄売却。

 

(3981)ビーグリー、他1銘柄を新規購入。
昨日、1部への市場変更が承認されたビーグリーですが、増収増益を続けている割にPER14.2倍は、この手の銘柄としては割安に感じます。
コミック配信ビジネスは競争が激化しているものの、これからも拡大する市場。
海外の投資家の保有割合が低いのも、市場変更後を考えると好材料です。
火がつくと急騰しやすい業態であるため、やや長めの保有を想定。

 

スイング用銘柄を1銘柄利確。

 

保有株は概ね堅調。

 

【保有銘柄】

(中期目線)

2部の証券業 1銘柄

新興の情報通信業 1銘柄

1部のサービス業 2銘柄

新興のサービス業 1銘柄

新興の小売業 1銘柄

2部の金属製品 1銘柄

2部の情報通信 1銘柄

1部の精密機器 1銘柄

1部の小売業 1銘柄

新興の情報通信業 1銘柄

(短期目線)

新興のサービス業 1銘柄

 

広告

マクロ状況

<日経平均 日足>

<TOPIX 日足>

<ドル円 日足>

<JASDAQ 日足>

<マザーズ 日足>

日経平均 21,777.29(-190.81 -0.87%

TOPIX 1,743.21(-7.82 -0.45%)

JASDAQ平均 4,122.98(+14.95 +0.36%)

マザーズ指数 1,243.10(+3.57 +0.29% 

 

日経平均は昨日のアメリカ市場の影響で下落。

ただ、日中の主要銘柄の動きを見る限りでは、売り圧力は弱く、下では拾われる銘柄が多かったように感じます。

新興市場は上昇しており、全体的な相場の雰囲気は悪くありません。

海外要因抜きで日本市場単独で考えた場合は、政治ネタ以外で相場が大きく崩れる可能性は低そうです。

明日からIPOラッシュが始まり、また明後日には四季報が発売されるため、そろそろ新たな急騰銘柄が出やすい相場環境に突入します。

 

<日経VI>

日経VIはやや低下して21.15。

 

<市場別 騰落銘柄数>

1部市場以外は上昇が優勢。

 

<東証1部の空売り比率>

3/1 44.6%
3/2 48.8%
3/5 46.9%
3/6 43.1%
3/7 46.6%
3/8 46.6%
3/9 44.3%
3/12 42.8%
3/13 40.6%
3/14 44.4%

空売り比率は急上昇。好材料です。

 

<騰落レシオ(25日)>

3/1 83.97
3/2 82.32
3/5 78.28
3/6 82.35
3/7 84.87
3/8 88.78
3/9 84.13
3/12 90.36
3/13 101.73
3/14 107.76

 

更新の励みになるのでクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ

コメント