全面リバウンドで過度な下値不安後退も、まだ安心できず(2018/7/6)

本日の収支(確定損益)
収支
7/6+86,244円
7月計-216,710円

※確定損益を記載しています。

本日の売買と保有銘柄

本日の売買

1銘柄新規購入。

デイトレで8万円の勝ち。

 

今日は全面リバウンドの流れとなり、昨日までとは景色が一変しました。

何を買っても上がる相場でしたが、購入は(4524)エーザイと直近IPO1銘柄のみ。

短期狙いでもっと色々買えば良かったかなと少し後悔。

 

直近IPOを持ち越し。

 

保有株は全て堅調。

 

【保有銘柄】

(中期目線)

1部の情報通信業 1銘柄

1部のサービス業 1銘柄

新興の電気機器 1銘柄

新興の小売業 1銘柄

新興のサービス業 1銘柄

1部の情報通信 1銘柄

1部の不動産業 1銘柄

2部の情報通信業 1銘柄

新興の不動産業 1銘柄

(短期目線)

新興の情報通信業 1銘柄

マクロ状況

<日経平均 日足>

<TOPIX 日足>

<ドル円 日足>

<JASDAQ平均 日足>

<マザーズ指数 日足>

日経平均 21,788.14(+241.15 +1.12%)

TOPIX 1,691.54 (+15.34 +0.92%)

JASDAQ平均 3,726.65(+47.47 +1.29%)

マザーズ指数 1,025.24(+28.90 +2.90%)

 

アメリカの関税措置の内容が明らかになったことで、悪材料出尽くしによりリバウンド。

これで一応過度な下値不安は薄らぎましたが、このまま相場がV字回復するのか、もう一度下を試しに行くのかは、五分五分と考えます。

空売り比率が46.6% ⇒ 44.9%に低下したものの、予想より低下の幅が小さく、短期筋はまだ売り崩しを諦めていないように感じます。

相場がV字回復するケースでは、空売り比率が一気に低下しますので、この低下幅では完全な底入れとは言い切れないと思います。

ただ、今後もう一度下値を試しに行ったとしても、昨日の安値で止まりそうな気がしますが・・

需給的にはひと段落ついたはずですので、何とかこのまま上昇してほしいものです。

 

今夜のトランプ発言や、雇用統計に注目です。

 

<日経VI>

日経VIは、18.17へ急低下。

 

<市場別 騰落銘柄数>

全面高に近い状態。

 

<東証1部の空売り比率>

6/1 41.6%
6/4 39.2%
6/5 39.4%
6/6 40.3%
6/7 
37.8%
6/8 40.3%
6/11 
39.8%
6/12 40.2%
6/13 39.6%
6/14 40.8%
6/18 
42.3%
6/19 41.4%
6/20 41.5%
6/21 
41.4%
6/22 42.5%
6/25 43.7%
6/26 42.1%
6/27 43.5%
6/28 42.3%
6/29 43.0%
7/2 47.6%
7/3 47.8%
7/4 45.5%
7/5 46.6%
7/6 44.9%

空売り比率が低下したものの、低下幅は少な目。

 

<騰落レシオ(25日)>

6/1 92.51
6/4 97.25
6/5 94.34
6/6 94.24
6/7 
99.96
6/8 96.90
6/11 
96.70
6/12 94.88
6/13 99.01
6/14 95.91
6/18 
86.73
6/19 81.35
6/20 83.98
6/21 
81.01
6/22 80.07
6/25 75.13
6/26 78.06
6/27 80.60
6/28 82.43
6/29 86.25
7/2 
81.02
7/3 80.82
7/4 85.33
7/5 78.46
7/6 81.94

 

更新の励みになるのでクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ

コメント