Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

堅調相場も日経平均23000円手前では警戒感による利食い優勢(2018/7/18)

本日の収支(確定損益)

 

収支
7/180円
7月計+391,278円

※確定損益を記載しています。

本日の売買と保有銘柄

本日の売買

1銘柄買い増し。

1銘柄新規購入。

 

(3021)パシフィックネットを買い増し。
決算内容や業務内容などを検討した結果、中長期で化けると判断したため買い増し。この銘柄は中期目線の保有銘柄へ移動。
この銘柄は有望ですので、週末に独自銘柄診断の記事を書く予定です。

スイング用に1銘柄新規購入。

売却はなし。

 

保有株は高安まちまち。

 

【保有銘柄】

(中期目線)

1部の情報通信業 1銘柄

1部のサービス業 1銘柄

新興の電気機器 1銘柄

新興の小売業 1銘柄

新興のサービス業 1銘柄

1部の情報通信 1銘柄

1部の不動産業 1銘柄

2部の情報通信業 1銘柄

新興の不動産業 1銘柄

2部の小売業 1銘柄

(短期目線)

1部の輸送用機器 1銘柄

新興の情報通信業 1銘柄

新興の情報通信業 1銘柄

1部の証券業 1銘柄

広告

マクロ状況

<日経平均 日足>

<TOPIX 日足>

<ドル円 日足>

<JASDAQ平均 日足>

<マザーズ指数 日足>

日経平均 22,794.19(+96.83 +0.43%)

TOPIX 1,751.21 (+6.16 +0.35%)

JASDAQ平均 3,811.59(+27.68 +0.73%)

マザーズ指数 1,049.80(+18.20 +1.76%)

 

今日も地合いは良好。

アメリカ市場が安定していることや、ドル円が上昇基調にあることで、強い相場になりました。

日経平均が23000円に近づいたことで、後場には警戒感による利益確定売りも目立ちましたが、全般的に堅調な相場になりました。

海外勢のサマーヴァケーション入りが近づいているため、ここから先は無理な売買は禁物であるものの、急に大きく崩れる可能性は少なそうです。

日経平均が23000円を抜いて安定推移するようであれば、8月は商いが薄いながらもサマーラリーが期待できそうですが、そううまく行くかは不透明です。

その鍵はドル円にありそうです。

 

<日経VI>

日経VIは、15.83

 

<市場別 騰落銘柄数>

全市場で値上がりが優勢。

 

<東証1部の空売り比率>

6/18 42.3%
6/19 41.4%
6/20 41.5%
6/21 
41.4%
6/22 42.5%
6/25 43.7%
6/26 42.1%
6/27 43.5%
6/28 42.3%
6/29 43.0%
7/2 47.6%
7/3 47.8%
7/4 45.5%
7/5 46.6%
7/6 44.9%
7/9 
40.6%
7/10 43.4%
7/11 45.8%
7/12 
44.3%
7/13 39.7%
7/17 41.9%
7/18 41.8%

 

<騰落レシオ(25日)>

6/18 86.73
6/19 81.35
6/20 83.98
6/21 
81.01
6/22 80.07
6/25 75.13
6/26 78.06
6/27 80.60
6/28 82.43
6/29 86.25
7/2 
81.02
7/3 80.82
7/4 85.33
7/5 78.46
7/6 81.94
7/9 
81.39
7/10 81.79
7/11 78.54
7/12 
76.28
7/13 80.73
7/17 83.08
7/18 85.09

 

更新の励みになるのでクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ

コメント