Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

今日は小動きの相場、明日の注目はメルカリ(2018/8/9)

本日の収支(確定損益)

 

収支
8/9+124,510円
8月計+338,109円

※確定損益を記載しています。

本日の売買と保有銘柄

本日の売買

1銘柄売却。

デイトレで9万円の勝ち。

 

昨日、スイング用に購入した(4287)ジャストプランニングを利確。

これが大失敗。引け後にジャストプランニングの子会社である「プットメニュー」の決済システムが、イオンカードに実装されるとのIRがイオン側から出ました。

これまでの急落幅が大きいだけに、リバウンドは大きくなるかも知れません。

 

デイトレは(5301)東海カーボンなどで9万円の勝ち。

 

保有株は上昇。

 

【保有銘柄】

(中期目線)

2部の情報通信業 1銘柄

1部のサービス業 1銘柄

新興のサービス業 1銘柄

(短期目線)

なし。

広告

マクロ状況

<日経平均 日足>

<TOPIX 日足>

<ドル円 日足>

<JASDAQ平均 日足>

<マザーズ指数 日足>

日経平均 22,598.39(-45.92 -0.20%)

TOPIX 1,740.16 (-4.55 -0.26%)

JASDAQ平均 3,759.80(-4.07 -0.11%)

マザーズ指数 1,028.40(+0.79 +0.08%)

 

今日は日経平均、TOPIX、新興市場とも小動き。

日米通商協議や、来週の閑散相場を数日後に控えた状況を考えると底堅い展開だったと思います。

恐らく短期筋は空売りを仕掛けているのだと思いますが、マーケットは売りで反応しなかったようです。

明日の相場が気になるところですが、特にマザーズ市場がどう動くのか注目しています。

本日発表されたメルカリの決算は酷いもので、メルカリ急落ならばマザーズ指数も大きく下げる可能性がありそうです。

ただ、メルカリは多くの機関投資家から「買い推奨」されていただけに、買い支えにより意外に下落しないのかも・・

 

ちなみに、メルカリのレーティングは以下のとおりです。

・みずほ 新規買い 6,500
・ドイツ 新規Buy 6,000
・SMBC日興 新規1 6,260
・メリル 新規中立 5,000
・三菱UFJMS 新規Neutral 5,000
・JPM 新規Overweight 5,300
・モルガンS 新規Overweight 5,000

 

これで暴落なら、レーティングを信じて購入した投資家は悲惨です。

 

<日経VI>

日経VIは、14.32

 

<市場別 騰落銘柄数>

やや下落優勢。

 

<東証1部の空売り比率>

7/20 46.7%
7/23 45.7%
7/24 
42.1%
7/25 40.4%
7/26 
40.4%
7/27 39.6%
7/30 43.6%
7/31 44.4%
8/1 40.7%
8/2 43.2%
8/3 43.8%
8/6 45.2%
8/7 41.2%
8/8 42.8%
8/9 42.5%

 

<騰落レシオ(25日)>

7/20 83.09
7/23 83.94
7/24 
90.48
7/25 98.49
7/26 
101.92
7/27 107.57
7/30 106.47
7/31 109.10
8/1 108.43
8/2 102.56
8/3 100.12
8/6 95.18
8/7 105.22
8/8 109.94
8/9
 109.08

 

更新の励みになるのでクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ

コメント