Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

手を出しにくい地合い(2018/12/11)

本日の収支

本日の売買

ノートレ。

投資家は様子見を決め込んでいる方が多そうであり、ザラバ中の値動きがあまりない銘柄も目立ち始めました。

週末のSQを通過するまでは、こんな感じの相場になるでしょうか。

すべてはアメリカ市場しだいの相場。

明日も基本的に放置の予定です。

保有株は高安まちまちもやや軟調。

【保有銘柄】

(中期目線)
1部のサービス業 1銘柄
新興のサービス業 1銘柄
1部の電気機器 1銘柄
1部の化学 1銘柄
新興の機械 1銘柄

(短期目線)
新興の情報通信 2銘柄
新興のサービス 3銘柄
新興の電気機器 1銘柄
1部のサービス 1銘柄
新興の小売り 1銘柄
1部の医薬品 1銘柄

(ボロ株バスケット 銘柄公開・長期)
和心 1,000株(@1,402)時価1,313 含み損益 -89,000
リーガル不動産 1,000株(@1,280)時価1,318 含み損益+38,000

(日経先物 ポジ公開)
日経平均先物(ミニ)(1月限)買い 4枚(@21,350)

広告

マクロ状況

<日経平均 日足>

<TOPICS 日足>

<ドル円 日足>

<JASDAQ平均 日足>

<マザーズ指数 日足>

日経平均 21,148.02(-71.48 -0.34%)
TOPIX 1,575.31(-14.50 -0.91%)
JASDAQ平均 3,457.47(-41.40 -1.18%)
マザーズ指数 922.46(-25.26 -2.67%)

今日の相場は日経平均は小動きだったものの、TOPIXや新興市場はやや大きめの下げ。
軟調な相場展開からくる嫌気売りも出たようです。

空売り比率が48.5%と久しぶりに50%に近づいており、ポジションが売りに傾き過ぎている短期の機関投資家も多そうです。

最近の日米の下落幅や空売り比率の推移からみて、そろそろ反発が近い気がします。

すべてはアメリカ市場しだいの相場。

空売り比率の高さから、相場が上昇に転じれば日経平均で500円、1000円の一気戻しがあることはほぼ間違いなく、その時を静かに待ちたいと思います。

ソフトバンクのIPOですが、購入希望者のほとんどが当選しているようです。

管理人も当選しましたが辞退します。

規模が大きく、関係機関による買い支えも容易ではないことでしょう。

<現在の日経平均の絶対位置>
・日経平均PER 11.86倍
・日経平均EPS 1783.14円

<日経VI>

<市場別 騰落銘柄数>

<東証1部の空売り比率>

11/20 46.7%
11/21 45.2%
11/22 44.6%
11/26 45.6%
11/27 45.1%
11/28 40.3%
11/29 42.0%
11/30 39.1%
12/3 40.7%
12/4 46.0%
12/5 46.5%
12/6 47.2%
12/7 45.2%
12/10 45.9%
12/11 48.5%

<騰落レシオ(25日)

11/20 90.88
11/2181.83
11/22 86.73
11/26 90.19
11/27 92.19
11/28 102.63
11/29 102.69
11/30 113.78
12/3 123.40
12/4 118.26
12/5 107.28
12/6 96.10

12/7 96.70
12/10 86.87

更新の励みになるのでクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ


コメント