Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

相場の需給は売り一色でオーバーシュート中(2018/12/20)

本日の収支

本日の売買

3銘柄新規購入。

 

FOMC通過であく抜けとなるどころか酷い相場になりました。
ただ、日経平均が2万円台前半まで下げるのは行き過ぎに感じます。
先週、年末にかかる損出しは済んでおり現金比率が70%前後で余裕があるため、ここからは下げ過ぎと考えられる銘柄を少しづつ拾ってゆく予定です。

購入候補リストの銘柄のうち3銘柄を打診買い。
12月権利銘柄などで下げ過ぎと思われる銘柄を購入しました。
需給が売り一色に傾いているため、まだ下げる可能性もありそうですが、少しづつ買い増してゆく予定です。

保有銘柄は軟調。

 

【保有銘柄】

(中期目線)
1部のサービス業 1銘柄
新興のサービス業 2銘柄
新興の情報通信 1銘柄
新興の電気機器 1銘柄
(短期目線)
1部のガラス土石 1銘柄
1部の情報通信 1銘柄
新興の不動産 2銘柄
新興の小売り 1銘柄
新興のサービス 1銘柄
1部の電気機器 1銘柄
(ボロ株バスケット 銘柄公開・長期)
和心 1,000株(@1,402)時価1,188 含み損益 -214,000
リーガル不動産 1,500株(@1,264)時価1,110 含み損益-231,000

広告

マクロ状況

<日経平均 日足>

<TOPIX 日足>

<ドル円 日足>

<JASDAQ平均 日足>

<マザーズ指数 日足>

日経平均 20,392.58(-595.34 -2.84%)
TOPIX 1,517.16(-38.99 -2.51%
JASDAQ平均 3,271.85(-89.35 -2.66%)
マザーズ指数 838.14(-47.80 -5.40%)

今日の相場は大幅続落。
FOMC通過でのアメリカ市場の反応はネガティブでした。
おそらく、FOMCがどのような結果であっても通過後の反応はネガティブであったように感じます。
現在の相場は、とにかくリスク資産を圧縮したい投資家と、それを狙った短期筋の空売りで需給状況は最悪の状態です。

この相場が反転するには、まず売りたい人が売り終わること。
年内の扱いとなる最終売買日が12月25日であるため、今日、または明日あたりが目先の底となるのではないでしょうか。

為替が円高に向いているのは気になりますが、資金管理に注意しながら、少しづつ下げ過ぎた銘柄を購入してゆくつもりです。

 

<現在の日経平均の絶対位置>
・日経平均PER 11.45倍
・日経平均EPS 1781.01円

 

<日経VI>

日経VIが急上昇。  

 

<市場別 騰落銘柄数>

値下がり一色。  

 

<東証1部の空売り比率>
12/3 40.7%
12/4 46.0%
12/5 46.5%
12/6 47.2%
12/7 45.2%
12/10 45.9%
12/11 48.5%
12/12 43.6%
12/13 42.6%
12/14 47.0%
12/17 43.7%
12/18 
46.4%
12/19
 41.1%
12/20 47.1%

 

<騰落レシオ(25日)
12/3 123.40
12/4 118.26
12/5 107.28
12/6 96.10

12/7 96.70
12/10 86.87
12/11 84.50
12/12 87.79
12/13 92.22
12/14 82.04
12/17 79.36
12/18 74.53
12/19
 78.55
12/20 74.23

 

更新の励みになるのでクリックお願いします。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ

コメント