Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

今トランプは相場を崩したくないようだ(2019/6/30)

先週の収支(確定損益)

 

先週の売買

ノートレ。

 

先週はノートレでした。

週初はG20前に少し売りを追加しようかと考えていたのですが、夜間のアメリカ市場が想定外に底堅いのに違和感を感じて動けませんでした。
G20の行方しだいでは中国への第4弾の追加関税発動の可能性もあったはず・・
通常ならばアメリカ市場は週末に向けてもっと弱含んでもいいはずでしたが、何故か底堅い・・

何か匂う・・

これはよくあるインサイダーのパターンで、G20でのトランプの出方が事前に一部の大口機関投資家(日本の両クジラにも?)に漏れていて、強気筋が買い支えを行っている可能性もあると感じていました。

 

肝心のG20の結果ですが・・

米中通商協議再開と中国への追加関税見送りは想定内であるものの、ファーウェイへの輸出制限の一部緩和はポジティブでしょう。

また、ひとつはっきりしたのは、今、トランプは相場を崩したくないのだということです。

参議院選を控えた友人・安倍総理に気を使っている可能性もありますが、しばらくはマーケットの重しとなる行動は控えるのではないかと思います。

ファーウェイがらみでは今週火曜日にまた何かあるようですが、目先の相場の方向性は上かも知れません。

 

【今週の戦略】

一旦売りポジを減らして、様子をみて売り直そうかと検討中です。

週明けは空売り組の損切で上げて始まりそうですが、その後ロングの利確が入った後にどう動くのか・・

もう一段上げるようであれば、そこが絶好の売り場になるような気がしています。

日本は7月15日(月)が祝日で3連休となるため、それまでに売りポジを組み直そうかと・・

目先はNYダウも上げそうですが、現在の水準から上はもうバブルの水準でしょう。

日本の参議院選が終わり、アメリカのFOMCを通過すると、欧米の機関投資家は夏休みのシーズンに入ります。

そのあたりで、何か大きな動きがあるような予感がしています。

 

【保有銘柄】
(中期目線)
なし

(短期目線)
なし

(日経平均先物ミニ(9月限))
売り 21,040円 3枚
売り 21,135円 3枚  

 

更新の励みになるのでクリックお願いします。

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

コメント