Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

トランプ砲で先物売りが爆益(2019/8/3)

今週の収支(確定損益)

今週の売買

7月29日 NYダウ(CFD)27,200 売り 10枚
7月30日 日経平均先物ミニ(9月限)21,750 追加売り 14枚
7月30日 日経平均先物ミニ(9月限)21,730 追加売り 10枚
8月2日 日経平均先物ミニ(9月限)20,850 買戻し決済 10枚
8月2日 日経平均先物ミニ(9月限)20,830 買戻し決済 10枚
8月2日 日経平均先物ミニ(9月限)20,810 買戻し決済 6枚
8月2日 ポンド円 129.31 買い 5枚  

 

昨日の午後、北海道から帰宅しました。

先週は東京も暑かったようですが、避暑目当てに出かけた北海道も異例の暑さ。

札幌周辺で1週間ほど過ごしましたが、熱帯夜(最低気温が25度以上)が史上初めて連続したことが盛んにニュースで報道されるなど、先週は北海道も暑い日々が続きました。

それにしても、今年の札幌はホテルが異常に高い。

初日の7月27日は、ビジネスホテル系はほぼ満室でした。

観光ブームに加えて、7月27日から開幕した札幌競馬目当ての客が押し寄せていたようです。

キャンセルで空きが出たビジネスホテルで軒並み素泊まり25000円以上とありえない値段がついていました。

アパホテルクラスで25000円なんて、とても宿泊する気がしない。

結局、7月27日はグリッズ札幌というユースホステルに初めて宿泊したのですが、これが最悪。

ずらっとすし詰め状態に並んだ2段ベッド。素泊まりで7000円。

ベッドにはテレビもなくただ寝るだけ。風呂は当然なく共用シャワーだけ。おまけに、施設内で使用するサンダルや部屋着は有料レンタル。

これはたまらんと、7月28日以降は友人宅に泊めてもらったのですが、それにしても観光シーズンで混んでいるとはいえ、7000円はないだろ。

グリッズ札幌は、外国人向けの旅行雑誌に一つ星で紹介されているそうなのですが、管理人は二度と泊まる気にはなれません。

グリッズ札幌などのユースホステルは宿泊客にコスパの良さをアピールしてるようですが、従業員はフロントの1~2名、風呂やテレビすらない設備なのでホテル運営にかかる諸経費は、ビジネスホテルや普通のカプセルホテルに比べてもかなり低いはず。

狭いスペースに大勢の宿泊客を押し込んでいるのですから、コスパが非常にいいのは経営者側でボロ儲けです。

(おそらく、1人1000円で泊めてもかなりの儲けが出る。)

これ、もしかすると株式投資のヒントになるのではないかと思い、むなしく2段ベッド上段に寝そべりながら、グリッズ札幌の経営会社をスマホで調べたところ、株式会社サンケイビル、株式会社フィルドでした。

株式会社サンケイビルはフジサンケイグループで大所帯、株式会社フィルドは未上場で出資関係でどこか出て来る可能性はありますが、ざっと調べた範囲では上場会社で買えそうなところはみつかりませんでした。

うーん。

ビジネスホテルやユースホステル系への投資は、来年のオリンピックに向けてこれから良さそう。

そのうち調べてみるつもりです。

 

前置きが長くなりましたが、先週はトランプ砲で今年1番の会心のトレードとなりました。

やっと春が来た。

売買はTWITTERでつぶやいたとおりなのですが、7月29日に予定どおりFOMCでの出尽くしを狙ってNYダウ(CFD)を売り、日経平均先物に売りを追加するポイントを探っていたところ、7月30日に日銀の追加緩和期待なのか相場が謎の上昇をみせたため、これ幸いとすかさず先物売り。

8月の出尽くし下落にかけていたため、日経平均先物ミニは予定より10枚多く建てました。

 

今回の日銀は現状維持が市場のコンセンサスでしたが、マーケットは可能性の低いサプライズ目当てで動くことがよくあり、このようなタイミングは絶好の逆張りのタイミングとなります。

その後、予想どおり日銀、FOMC通過による出尽くしの下げがあり、このまま8月の夏枯れをゆっくり待とうと考えていたところ、まさかのトランプ砲のサポートがあり相場が急落。

昨夜、日経平均先物の大部分を利確しました。

8月中にこの辺まで下がれば御の字と考えていたポイントまでわずか2日間で急落したので、トランプ砲には感謝です。

予定外のポジとしては、昨夜、ポンド円を買ったこと。

ポンドは10月の合意なき離脱の可能性が高まったことで7月に急落しましたが、今回のトランプ砲で買い方の損切りがかなり進んだはず。

ここから先はポンドドルが下げ止まりそうなのでドル円の行方しだいと考えていますが、急落後の反発狙いです。

 

【来週の戦略】

ポンド円はこのまま下げ続ける可能性はもちろんあるので深追いはしませんが、個人的には135円程度までのリバウンドを期待しています。

あとは、NYダウの売りポジをどこまで持つか。

昨夜の動きを見る限り、NYダウはあまり下がらない可能性もありそうです。

NYダウが下げ止まるようだと、ここ数日で売りポジが積み上がっている日経平均の短期リバウンドがありそうです。

週明けに日経平均先物の買いポジを建てるか検討しています。

 

  【保有銘柄】
(中期目線)
なし

(短期目線)
なし

(ボロ株コレクション)
(6578)エヌリンクス(@382)2000株

(日経平均先物ミニ(9月限))
売り @21,750円 4枚 

(NYダウ(CFD))
売り @27,200 10枚

(ポンド円)
買い 129.31 5枚

 

更新の励みになるのでクリックお願いします。

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ

コメント