Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ソフトバンク通信子会社のIPOは買えるか

ソフトバンク通信子会社のBBが先週末に締め切られました。

管理人も一応応募しましたが、現時点では当選しても購入しないつもりでいます。

何しろ想定時価総額7兆1,807億円、吸収金額2兆6,460億円の超大型案件です。

初値が公募割れする危険性も高く、迂闊に手を出せない案件だと思います。


ソフトバンク通信子会社のIPOについて整理してみました。

今後の大手通信キャリアの業績は、料金値下げにより頭打ちとなることは確実であり、将来の大きな業績の伸びは期待できそうにありません。

何しろ超大型上場であるため、公募価格から2倍3倍になるような案件ではありませんし、買うとすれば配当目当ての保有ということになります。

どうなんだろう。

直観的には手を出せない案件のように感じます。

同業のNTTドコモ、KDDIと比較してみます。

PERやPBRで見るとソフトバンクは明らかに割高です。

唯一見どころがあるとすれば、配当利回りの高さですが、今後の業績が減益基調となる場合は将来的には減配となる可能性も否定できません。

配当利回りの高さだけで株価を維持することは常識的にはできません。

上場後、期間が経過するに従って同業他社と同程度のPERまで売られてゆくと考えるのが一般的だと思います。


やはり、ちょっと手を出しづらいな・・

ただ、これだけの大型上場ですので主幹事証券を始めとする関係者の立場で考えると、絶対に失敗できない上場案件であることは間違いないと思います。

とすると、関係証券などの機関投資家による買い支えはあるかも知れません。

まあ、買い支えがあったとしても、そう長い期間ではない気がしますが・・

広告

狙いは同業他社か

関係証券などの機関投資家によりソフトバンクの買い支えが行われた場合、同業であるNTTドコモ、KDDIの割安感が目立ってくる可能性があります。

今回のソフトバンク上場での狙い目は、NTTドコモ、KDDIなのかも知れません。


管理人は今のところ下記のスタンスでソフトバンク上場に臨みたいと考えています。

・ソフトバンクのプライマリは見送り。

・同業であるNTTドコモ、KDDIの購入を検討する。


更新の励みになるのでクリックお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ

コメント